GREEN MOUNTの旅日記

屋久島を自由に旅するガイド GREEN MOUNTの公式ブログです。 トレッキング、ピークハントやキャンプなどの山のツアーから、今話題のSUP(スタンドアップパドルボード)、SUP YOGAなどの川のツアー他、天候に合わせてスタッフにお任せツアーなどを運営しています。 ツアーの様子や、活動報告、日々の屋久島LIFEなどを随時UPしてますので、屋久島に興味のある方は是非チェックしてみてください。

タグ:YOGA

GPTempDownload 2

入り口はどこからだっていい!

 

都会にいようが、自然にいようが、
この大自然はそれを超えた答えを持っているような気がします。

 

山もいい
森もいい
川もいい
里もいい
海もいい
人も最高♪
そして、自分を大好きになります♪

 

こんなミラクルワールドへ来てみませんか?

 

いつか行ってみたいと思っている間は僕は観客だったような気がします。
プレイヤーになりたいです。
 

自分を試しに
自分の内面を感じにサクッと来てみませんか?

 

山頂の絶景に挑戦
>1日でたどり着けなければ6泊7日のちょー笑える屋久島裏縦走やってます。http://greenmount.doorblog.jp/archives/cat_365541.html



巨木に会いに
>サポートします
http://greenmount.doorblog.jp/archives/cat_129829.html



透き通る水を感じに
>得意分野です
https://greenmount.jp/tour_introduction/sup/index.html



YOGAもやってます
>嫁が、、
https://greenmount.jp/tour_introduction/sup/yoga.html

http://greenmount.doorblog.jp/archives/cat_129832.html



自然の水族館はすぐそこに
>ビビリバビデブー♪
https://greenmount.jp/…/snorkeling/yakushima_suizokukan.html



全部お任せってのもあります
>天気次第、自然任せ♪
https://greenmount.jp/tour_intro…/planning/omakase_plan.html



自分たちで創り上げることだってできます。
>やりたいこと言ってください♪できるだけ形にしていきます。
https://greenmount.jp/tour_introduc…/planning/free_plan.html



受け皿はたくさんあります。

時には台風で何もできない日もたくさんあります。
でも何もできないってことは、ゆっくり自分を見つめる、自分と会話する時間を持てるってことでもあります。

 

自分の決めた日が自分が選んだ旅路の日

 

きっと大人も、子供もたくさんのことを学べる自然学校「屋久島自然学校」へ
 

そんなコーディネーターが僕以外にもたくさんいる島!屋久島へ!

僕じゃなくてもたくさんいます自然を愛してみんなを冒険の世界へ連れて行ってくれる
どこに行くかも天気次第、誰と行くかもあなたのチョイスで♪
 

来年もバージョンアップした、Earth Tribesと共に楽しい企画を盛りだくさんしていきます。サバキャンも自由にアレンジ!裏縦走も自由にアレンジ♪溢れる豊かな時間を共に♪


 

屋久島を自由に旅する
GREEN MOUNT
やるならトコトン生きましょう♪
https://greenmount.jp



今年のGREEN MOUNTは冬まであと4つのイベントを企画しています。次回告知予定!




※写真は僕の息子ですが、この写真を見ると昔ハマったザリガニ釣りを思い出します。
そうそう、僕らも小さい頃にたくさんの好奇心を持って大人になってきました。
忘れてしまっているようで、息子を見ると思い出します。自分の小さかった頃のことを。

きっとみんなの持っている好奇心をこの島は大きく迎え入れてくれることです。





最後まで読んでくれてありがとう。
今年は屋久島は豪雨で山が崩れました。
そこからたくさん学びました。
僕は完全じゃないです、だからいつも安全第一でいきたいと思っていますが、、、、自然相手でそんなに上手くいかない時もあります。
だから学びたいです。


たくさんのことを自然から。そして旅する全ての人からも。

IMG_1135
今回はご縁をもらい、屋久島にあるゴージャスなホテルサンカラ(SANKARA HOTEL & SPA YAKUSHIMA)でSUP YOGAのデモンストレーションを行ってきました。

サンカラさんは屋久島の南東に位置し、島の中でも別格な高級ホテルです。
エントランスを超えると、水平線へと広がるプールと青空。
3色の青にシックリとくるおしゃれな建物。
まさに海外に旅に来た!と錯覚してしまうほどの素晴らしいホテルです。
凄腕のシェフが作る料理をもう一度食べたいと、リピーターも多く来られるそうです。

IMG_1136
ホテル・プールと海と空のコントラストが屋久島の大自然にピッタリとハマっていてとても気持ちが良い場所です。


そんなサンカラさんからSUP YOGAのデモンストレーションを依頼されて。
プールYOGAは初めてでしたが、やらせていただくことに♪

ちょうど風の強い日でしたが天気は最高に気持ちが良いほど晴れてました。
サンカラで働く4人のスタッフさんと一緒に、素晴らしい体験をさせていただきました。

プールの場合はSUPボードを固定する必要があります。
この固定に苦労しましたが、今後はもう少しシステムを考えて行こうと思いました。
IMG_1132
水の上でのSUPはどうでした?と聞いたところ、「思っていたよりずっとずっと楽しめました」とのこと。スタッフ全員が一度は水の中に!!(笑
IMG_1166

貴重な体験をさせていただき、こちらも感謝しております。
ありがとうございました。
今後新しいアクティビティーの一つになると嬉しいです。


SANKARA HOTEL & SPA YAKUSHIMA
http://www.sankarahotel-spa.com
 

こんにちは。
SUP YOGA担当のTomoです。

2月の半ばから1ヶ月間、ヨガのティーチャートレーニングコースに参加をするために
インドのケララ州へ行ってきました。

数多くあるティーチャートレーニングコースの中から
この度私が縁あって参加させていただいたのは
インドケララ州のSivananda Yoga Vidya Peethamというシヴァナンダヨガのアシュラム。

インドで古くから伝わるグルクラという、
弟子が師匠とともに生活をしながら学ぶという制度を取り入れていて、
6000年も続くというインドの伝統的なヨーガを実践的に学べる場所であり、

生徒の数は多すぎず(今回は30人ぐらい)
日本人の数は多すぎず(今回は30人中8人)
でも、日本語の通訳&翻訳も付いているという
まさに理想にピッタリの場所でした。

講師陣も、出家したスワミジが3名がそれぞれ
ヨガ哲学・ヴェーダーンダ・プージャと担当別で教えてくださり、
そのほかにもアナトミーの先生、アーサナの先生、ボランティアスタッフとして手伝っている先生もいて
深い知識をそれぞれ皆さんから教えていただくことができました。

ヨーガというと、色々なポーズをとる健康法だとか、お洒落な
エクササイズだと思われがちですが
このTTCでは、朝晩のサットサンガ(瞑想とキルタン)、アーサナ、座学、食事法、プラーナーヤーマ(呼吸法)、クリヤー(浄化法)などの全てが毎日の生活にバランスよく取り入れられています。

濃厚で深いヨーガを学ぶことができた30日の体験を
少しずつこちらのブログにUPしていきたいと思います。

P7240004
以前からやってみたかったSUPヨガをぜひ屋久島で体験したいと思い、ネットからお申込みをし、メールでのやりとりから前日の待ち合わせ確認など、大変丁寧に対応してくださいました。

SUPが始めてだったのでボードに立てるかも不安でしたがきちんとレクチャーしてくれ、快晴の大自然の中念願のSUPヨガ体験をできて彼と最高の時間を過ごすことができました!マイナスイオンと、ともさんの優しい声にすっかり癒されたリラックスヨガ。普段からヨガはやっているのですが、やはり水の上だと全く感覚が違いますね。私はずっとグラグラしっぱなしでしたが、安定したともさんのポーズは素晴らしかったです。
ちなみに私は板から落ちないように必死でしたが、泳ぐのが大好きな彼は喜んで川に飛び込んでました(笑)
合間のヘルシーおやつもとってもおいしかったです♪

おすすめのスポットなど快く色々と教えていただき、残りの屋久島ステイも楽しく過ごせました。また屋久島に遊びに行くことができたら、ぜひお願いしたいです。
本当にありがとうございました♪

IMG_3455

こんにちは、素敵な時間をありがとうございました。

一日前倒すことを提案してもらったおかげで
最高の天気の中で
緑いっぱいの屋久島の大自然に包まれながら
SUPヨガを楽しむことができました。

日焼け後のジリジリも軽い筋肉痛も心地よく
いい思い出が増えました。

今も瞑想すると、
鳥の歌声と朋さんの柔らかい声が聞こえて来ます。

癒しの魔法にかけられたみたいです。
とけないでほしい魔法です。

今回の屋久島滞在のハイライトは
間違いなくSUPヨガでした。

友達にもオススメして起きますね。

P7030004


 

↑このページのトップヘ