GREEN MOUNTの旅日記

屋久島を自由に旅するガイド GREEN MOUNTの公式ブログです。 トレッキング、ピークハントやキャンプなどの山のツアーから、今話題のSUP(スタンドアップパドルボード)、SUP YOGAなどの川のツアー他、天候に合わせてスタッフにお任せツアーなどを運営しています。 ツアーの様子や、活動報告、日々の屋久島LIFEなどを随時UPしてますので、屋久島に興味のある方は是非チェックしてみてください。

タグ:裏縦走

DSCF6776
2017年の12月18日は新月
想い描いたものが実現しやすい日であり、ものごとを始めるには最高な日。

そんな新月に願いを込めて、来年2018年にEarth tribesのヒロミと企画している「屋久島裏縦走」の予定を告知します。

心から信頼しているヒロミと一緒に共同開催する裏縦走は、僕にとっても特別なツアー。

どんな境地にいようとも笑いに変えられるヒロミとやる旅は毎回奇跡と喜びの連続。

DSCF6209

今まで何度も縦走ツアーをやってきたけど、それを超えるようなディープな旅がしたい

そんな想いから生まれた屋久島 "裏"縦走ツアー

来年はさらに新しいルートを組み込んでいったり、沢登りやシュノーケリング、ナイトウォークやウォーキングメディテーション(マインドフルネス)、トーキングサークル(心のシェアリング)やヴィジョンんクエストなど、その時出来る最高なチョイスで心や意識を大切にした深い旅をしていきたいと思っています。
 

圧倒的にリピーターが多く昨年は告知してからたった5日間で裏縦走メンバー16人がすべて埋まってしまいました。

まずは恒例となっている初めましての川にダ〜〜〜イブ 《水とのチューニング》

余分なものがそぎ落とされて一気に屋久島と繋がります。

僕たちとしても最長となる6泊7日という長い旅を通してあんまり人が入らない深い森へと入っていきます。

それに加えて九州最高峰 宮之浦岳や第二高峰の霊峰 永田岳

感じる繋がる開く
この3つをコンセプトに屋久島の山や森や川などの大自然を通して、心の奥深くを揺り動かしていくような意識の旅をしていきます。

きっと人生を変えるような旅があなたを待っているはず。
DSCF6955

この写真や文章を通して心に動くものがありましたら頭で考えず直感と心のわくわく(ソウルナビゲーション)に従って参加して下さい。

それがきっと次に繋がる扉となるでしょう。

問い合わせが殺到しているので頭で考えていたら埋まっちゃうよ〜。

それでは心よりお待ち致しております。

DSCF6414

(裏縦走を一緒に歩いた仲間たちは終わってからも繋がりが強く歩いた年度が違えども裏縦走メンバーみんなで集まってはよく同窓会をやっています) 

【日時】:
春コース

2018年5月28日(月) ~ 6月3日(日)の6泊7日

秋コース

2018年9月22日(土) ~ 28日(金)の6泊7日

【場所】:屋久島の大自然

(集合場所は初日の13時頃までに空港か宮之浦港に集合)

【定員】:先着8名 

【料金】: 
🌟 はじめて裏縦走に参加される方 

⇒ 120,000円  (裏縦走Tシャツプレゼント)      

🌟 裏縦走リピーターの方    

⇒ 115,000円 

【☆申し込み・お問い合わせ☆】

⇒earthtribes33@yahoo.co.jp
※こちらからのお申し込み・お問い合わせもEarth tribesでまとめております。

【☆詳細はこちら☆】

https://ameblo.jp/watarigarasu163/ 

前回の裏縦走が終わってから書いたブログです。↓ 〈読んでみてね〉
GREEN MOUNTから
屋久島裏縦走-春 2017
http://greenmount.doorblog.jp/archives/16427643.html

屋久島裏縦走-夏 2017
http://greenmount.doorblog.jp/archives/18096780.html

裏縦走夏、、屋久島の森の中をゆっくり自分の心と繋がるワーク。
ヒロミと僕は旅が大好き。そして僕はヒロミと一緒にツアーをするのがとても好きなんだ。
自分も枠を外して楽しんでいける。
だからきっと、旅人がたくさん集まってくるんだろう。
どこかにいくことだけではなく、そこにいくまでのプロセスを大切だと感じれる、そんな仲間たちが今回も集まってきた。
P7250039
一緒にツアーを主催するEarth Tribesのヒロミと、まずは、水とのチューニング。
屋久島の森に入る前に、身体から屋久島の水を取り入れて屋久島の自然と自分との距離を縮めていく。
ツアーに参加した中でもまだ初めましての人もいる中、水の力は偉大!あっという間に距離が近くなっていく。
心が少し近くなったところで、里の夜は火を焚いてトーキングサークルが始まった。
DSCF6007
ヒロミの掛け声でサークル状になったみんなが自己紹介を兼ねて、今回の旅への気持ちを伝えてくれた。
DSCF6005
初日は細い糸のような繋がりが、どんどんと太さと色を変えていく。
こんなシーンを何度も何度も見てきたからこそ、今日ここに共に席をもち、いれることに感謝している。
きっと大昔から僕らは繋がってきたんだろう。
DSCF6023
今回もこのメンバーだから見れる大いなる自然の奥深さ、そして心を共に共有できたことに感謝してます。
DSCF6029
全員で森の中の神さまにそれぞれの旅の思いを祈願してスタートする。
こういった時間。僕らはすごく大切にしている。

普段なら何も考えずに進んでいく代わりに、時を思う存分感じて、ひとつひとつを丁寧に心と身体で感じていく。
だからこそ、見える世界がきっとある。
DSCF6286

DSCF6209
この日も光に包まれた森にゆっくりと根を下ろして森と自分をチューニング
奇跡はどこにいても毎日起きている
DSCF6153
小さな雫に映し出される大きな自然
「大きなものは、小さなものの集合体」最近この言葉が好きです。
DSCF6322
森を抜けるとうっすら雲のかかった山の頂が見えてきた
DSCF6327
重い荷物を背負いながら、お互いがお互いをケアしている。
初めて出会った人もいる中、どんどんとお互いの壁は壊れていき、近くに感じる存在へと変わっていく。
そんな体験をすると、ついついこんな笑顔が飛び出してくる
何か同じものを成し遂げようとする時に起きる一体感も僕の好きな部分でもある
DSCF6565
山頂に登ると先ほどまでのうっすらと見えた雲を抜けて天上界へ
何度見てもこの景色には魅了されてします。

 僕の母親は登山家でした。
現在は病気のせいで山に登っていませんが、こんな景色をたくさん、たくさん見てきたんだろう。
DSCF6598
できることなら母親といつかこんな景色が見れることが僕の夢の一つ
そんなこと考えてた
DSCF6626
今世で見れなかったら、来世でまたあの母親のお腹に宿ってやる。
DSCF6776
今回もいろんなところで朝日や夕日を拝みながらの4泊5日の旅
DSCF6820
この旅から得た大きな愛は、きっと全員の心の中にしっかりと森を作ってくれたんだと思います。
ヒロミがよく言っている、「それぞれの心の中に広がる森を持って、そして枯らさないようにしっかり水を与えて欲しい。」都会に戻っても感じれる、心の中に育む自然を大切に。
DSCF6895
気づいたら山の上から大きな龍が僕らを祝福してくれた。
屋久島にはまだまだ僕らが体験したことがない出来事が日々ドラマチックに起きている。
そんな中で、僕らは心を解放して思いっきり自分と繋がり、そして周りの仲間と繋がる旅をこれからもしていきたい。
DSCF6924
これからもずっとずっと繋がっていく仲間へ
感謝の意を文章にしました。
DSCF6717
旅人たちよ!また一緒に冒険の日々へ!


PS
こんなに混んでる宮之浦岳の山頂は見るの2回目
前回はロケットの打ち上げにぶつかった時、
DSCF6731
今回は、たまたま自然体験プログラムの90名の子供達と九州最高峰で出会った記念に、みんなとパシャリ!! 

15327516_1147474402032554_6406605182751204_n
来年行うツアーの告知です。

Earth tribesの洋見とGREEN MOUNTの僕が一緒に主催する「屋久島"裏"縦走ツアー」
15241966_1147474795365848_377004716511443948_n

まだ告知前なのに、すでに問い合わせが多く、前回参加された全員リピーターさんも参加したいと言ってくれていることもあり、当初1回の予定が、春(5月)と夏(7月)に2回行うことになりました。
15253625_1147474975365830_7307000074887485059_n

通常のツアーではなく、参加者一人一人が自分と真剣に向き合い、参加する全員と時間と心をシェアしていくことで、より深い自分とつながるワークです。
15230790_1147474885365839_9056034954050213456_n

洋見とはなんどもツアーを一緒にやってきた心友。 心から信頼できる仲間だからこそ、この企画を通じてみんなとつながっていきたいと思います。

心にピン!ときた方、是非チェックしてみてください。  

詳細はこちら↓
http://ameblo.jp/watarigarasu163/entry-12223397001.html 
※上記写真と詳細内の写真はEarth tribeの洋見が撮ったものです。

↑このページのトップヘ