GREEN MOUNTの旅日記

屋久島を自由に旅するガイド GREEN MOUNTの公式ブログです。 トレッキング、ピークハントやキャンプなどの山のツアーから、今話題のSUP(スタンドアップパドルボード)、SUP YOGAなどの川のツアー他、天候に合わせてスタッフにお任せツアーなどを運営しています。 ツアーの様子や、活動報告、日々の屋久島LIFEなどを随時UPしてますので、屋久島に興味のある方は是非チェックしてみてください。

タグ:白谷雲水峡

DSCF3727
5月中旬、1泊2日の縦走ツアーに参加させていただきました。 登山初心者が軽い気持ちで申し込んでしまったのですが、後悔どころか、これ以上ない最高の体験になりました。
DSCF3771
宮之浦岳から、縄文杉、ウィルソン株、トロッコ道、白谷雲水峡と、2日間で色々な見どころを巡るのですが、慌ただしさはなく各ポイントでしっかりと時間をとれました。
DSCF3762 かなり疲れる場面もありましたが、ガイドさんのペース配分やサポートのおかげで、ほぼ時間通りに完歩。メジャーどころ以外のおすすめポイントも。 ほどよく疲れた体で、美しい屋久島の風景を見ながら、新鮮な森の空気を吸いながら、ガイドさんの作ってくれた暖かい食事やコーヒーを楽しむのは、日常では絶対に味わえない幸福感。
DSCF3785
心も体も洗われるような2日間でした。次回は、ぜひ違うツアーにも参加してみたいと思います。 

DSCF1205
今日は香港からのお客様が遊びに来てくれました。コンタクトをとってくれたMちゃんは日本語を勉強している社会人。いつか日本の企業で働くのが夢だそうです。
今回、飛行機に乗ってファミリーでの旅は生まれて初めてとのこと。
新緑の白谷雲水峡へと向かいます。
DSCF1203
朝方少し雨も降ってましたが、途中から晴れて来ました。
DSCF1421
 森の入り口で、巨岩の岩の上で一枚!後ろに映る明るい葉っぱは、屋久島を代表する固有種で、ヤクシマオナガカエデ!春の訪れを教えてくれる落葉広葉樹です。
DSCF1297
初めてのファミリー旅行に日本を選んで、屋久島を選んだのは、やっぱり自然が大好きだからとのことでした。
DSCF1377
そんなMちゃんファミリーを待ち受ける森は、とても優しく、そしてとても神秘的。
DSCF1346
後ほどコメントをもらいましたが、とても楽しんでいただけたようで。
とても嬉しいです。

いつかMちゃんの夢が叶うといいね!!

屋久島を自由に旅する
GREEN MOUNT
 http://www.greenmount.jp

DSCF1421
今日は午後から白谷雲水峡へ香港から来られたEさんファミリーと!
ファミリーでの飛行機を使っての旅行は初めてだったそうです。

基本英語は少ししか話せないので、Eさんが日本語を話せることでお受けさせていただきました。

苔むす森まですごくゆっくりと歩いて、苔を見ながら、景色を見ながら、巨木を見ながら、みんなで感動しながら、、

DSCF1359
戻り始めると、、、辺りには誰もいなくなりすごく静かな森が僕らを迎えてくれました。
気づくと、、太陽が、、、ちょこっと顔を出し始めました。
DSCF1377
枝についた雫がとても神秘的で、GREEN MOUNTのネックレスを作っちゃいました。

なんでも初めての体験は素晴らしい!
これからも仲良く楽しいファミリーで♪

自然を愛し、全てに感謝する彼女ファミリーの笑顔に心が癒された時間でした。
ありがとうございます。

屋久島を自由に旅するガイド
GREEN MOUNT
白谷雲水峡への旅
http://www.greenmount.jp/tour_introduction/trekking/shirataniunsuikyo_course.html
白谷雲水峡へのどんな時間帯からのツアーでも企画できます。
太鼓岩から星空を眺めたり、暗い森を歩いたり、早朝トレッキング、夕焼けトレッキング
http://www.greenmount.jp/tour_introduction/planning/free_plan.html
 

DSCF8315
東京でピラティスを運営しているスタジオTairaの貴子さんの紹介でOさんとAさんが屋久島に遊びに来てくれました〜♪
当日まではメールにて、オススメのポイントなどなどを一緒に話し合って来ました。
「じゃー全部まとめてお願いします」ってことになり、下から上までお二人が満足してもらえるように企画させていただきました。
っということで、まずは「屋久杉自然館」に到着!屋久杉のことならココ!!といった、縄文杉の折れた枝もあるので、見所満載です。
DSCF8326
サル川ガジュマルにも行って来ました♪入り口にはトトロの傘でも人気のあるクワズイモちゃん!
屋久島のクワズイモはめっちゃ大きいです。
DSCF8333
里は亜熱帯気候なので、南方系の植物が生息しております。
県道を走っていてもアコウやガジュマルが目につきますが、少し森の中に入るとこんな大きなガジュマルもお出迎えしてくれます。
DSCF8344
ちょうどこの日は雨が多く降っていた後、千尋の滝も爆発寸前です。
ここまで出てると見ているのが気持ちがいい!
DSCF8366
こっちは大川の滝!こちらも爆発中!
明日から少しづつですが、良くなっていきそうなので、今回の旅に期待が膨らみます。
DSCF8391
大川の滝から少し西部の森を走っていくと、森の中に視線を感じました。
DSCF8400
その後はちょうど開花が始まったシャクナゲを見に栗生のシャクナゲ公園に足を運びました。
DSCF8399
ところどころですが、開花したシャクナゲを見ると、早く5月の中旬になって屋久島シャクナゲを見にいくのが楽しみです。
DSCF8416

DSCF8438
アセビも花を咲かせていて、すごく綺麗です。
DSCF8456
今日は、白谷雲水今日へ!
新緑の季節で、森の中では葉の世代交代が始まっています。
DSCF8461
この季節にはヒサカキが咲くので、ツーンとした匂いが広がります。
嫌いな方も多くいますが、僕はこの匂いフェチです(笑
DSCF8463
まだ寒さが残ってますが、一晩前の雨が森に奇跡を起こしてくれてます。
DSCF8472

DSCF8496
オーレンの花も満開!
DSCF8482
僕らの心も大開放!
DSCF8501
見るもの全てがまるで絵で描いたような緑!
DSCF8504
テンションもどんどん上がっていきます。
DSCF8524
太鼓岩からの景色も最高でした。
今年の山桜は寒かったせいでこれからです。
DSCF8569
一緒に写って見ましたが、マリオのルイージにしか見えない僕
DSCF8629
今日は縄文杉へまだまだ遊び尽くします。
DSCF8637
!!
っと、もしかして霰!!
DSCF8656
あれよあれよと降った霰がつもり、雪景色!
DSCF8707
晴れ、雨、霰、曇り、雪と様々なコンディションが一つの日に!
明日はいよいよSUPです。
DSCF8813
常緑の広葉樹の森の新緑は、世界に誇れる景色です。
DSCF8818
昨日までの疲れも吹っ飛ぶほどの景色に
DSCF8843
スタッフのトモも終始笑顔!
今日はSUP YOGAです。
DSCF8871
透き通る水の上を水上散歩!!
最高です。
DSCF8905
DSCF8910
ここから見ると本当に屋久島の森と川は素晴らしい!
DSCF8943
水の色がとても綺麗!こんな色なかなか見れません。
DSCF8956
波紋がまたアートみたい
DSCF8968
体をほぐし、
DSCF8979
ゆっくりボードの上で休息している姿が、まるで宇宙に浮いているようだった!
DSCF9018


DSCF9066
天候にも恵まれたこと
屋久島の大自然に感謝です。

また会いたいお二人でした。

屋久島を自由に旅するガイド
GREEN MOUNT
http://www.greenmount.jp





 

1月にKarrimorさんの取材で白谷雲水峡へ雪景色を撮影に行ったのと、SUPツアーがサイトに特集されました。
今回は撮影をサポートしてくれたフォレックの古賀さんと一緒に二人での取材に行きました。
DSCF5570
古賀さんはフォレックという名前でガイド業を営んでおります。フォト・トレックの略で、写真には定評があり、森の中での撮影の仕方なども教えてくれるし、ツアー中の写真を頼むこともできます。
※GREEN MOUNTもオプションで撮影代行を行なっております。

一般の方のイメージだと、南の島の暖かく、巨木と苔イメージが強いようですが、実際は12月の中旬から3月中旬ぐらいまで山間部には雪が積もり、全く違った景色を見せてくれます。
古賀さんと相談し、普段みんなが見慣れている白谷雲水峡が一体どのぐらい変わるのかを見てもらいたく、早朝4:30に待ち合わせしスタートしました。
朝日の太鼓岩を目指して。
DSCF5481
天気もよく、思ったより雪もあり、とてもいい景色を撮影することができました。
DSCF5444
朝日を浴びる宮之浦岳はすごく綺麗です。
DSCF5527
こういった苔と雪の景色も、この季節の楽しみの一つ。
DSCF5541
あたり一面、幻想的な景色に囲まれて
karrimor-no11
終始笑顔な一日でした♪
細かくは、karrimorさんのサイトをチェックしてみてください。
きっと今までと違った屋久島を楽しんでもらえると思います。

karrimor-no2-984x490

+Karrimor vol.13 屋久島トレッキング(鹿児島県)
屋久島公認ガイド・加藤朗史さんとalpiniste 45+10
http://www.karrimor.jp/magazine/series/pluskarrimor/vol-13

↑このページのトップヘ