P7040066
今回の旅の主役はMちゃん
初めての1人旅で、屋久島の縄文杉へ1泊2日で出会いにいくプランを選んでくれた。
彼女は小さい頃から親の影響で山登りをしていたので、とても山が好き。
3人兄弟がいるんだけど、真ん中の自分だけが山の好きなところが親に似たみたいと言っていた。

この日は夜中から梅雨前線と台風の影響からかなりの雨量が推測されており、当初予定していた「白谷in-縄文杉-白谷out」のコースは難しいと出発寸前にコース変更を行いました。
案の定朝方白谷雲水峡は増水のため入り口で閉鎖になったようです。
僕らは荒川登山口から大雨の中スタート、、、、と思いきや「出る時間を遅らせよう」っと泊まりの特権で出発時間を8時過ぎに変更しました。6:30から8:00まではゆっくりとしてましたが、その間中とてつもないぐらいの豪雨と強風が吹いていたので、出る時間を遅くしてよかったです。
出発してから数時間が経つと雨も上がり、水滴のついた苔むす森が出現!!
Mちゃんが決めた今日が、間違っていなかったと!二人で「今日でよかったね」なんて笑いながらゆっくりと縄文杉へ向かいました。
都会から来たMちゃんに、いつもと違った森を見て欲しくて、ゆっくりと時間を使って、時には寝てみたり、周りの音を聞いてみたりと、 たくさんのワークを盛り込み歩んで行きました。
P7040102
都会にいると忘れてしまいがちな「時」という無限のようで僕らに有限に与えられたもの
時は止まることがないから、どうしてもその動きに自分を合わせてしまう。おんなじ時間を刻んでいるのに、いる場所で同じ感覚で感じれないのはなぜ?
そんな疑問を都会に住んでいる時によく思っていた。
環境に左右されない、自然の中にある時のスピードで旅がしたいものです。僕もせっかちなので、焦らず、焦らず、、、
P7050133
さてMちゃんの初めての旅で、男の人と2人っきりのツアーで緊張もしているんだろうと思って、嫁や子供の話なんかもしながら、だんだんと僕を理解してもらって、そしたら、なんかいろんなところがシンクロしていることがわかって、いろんな人生感を共有したいと思って、まだまだ書きたいことはたくさんあるけれども、とても素晴らしい心の持ち主の女性と一緒に旅に行けたこと、とても嬉しく思います。

夜は僕だけテントで寝たんですが、夜も夜でめっちゃ激しい雨と雷が鳴り響き、なかなかハッスルな1日でした。
朝方まで続いた雨も、僕らが出発する頃には止んでくれました。
トロッコまで出て、そのまま帰る予定が、山の稜線を見るとバッチリと見えていることに気づき!
「太鼓岩行っちゃう」っとノリで、でも車が荒川登山口からバスに乗らないとないので、トロッコ道ピストンして来ました。
体力も持ち合わせており、太鼓岩からのナイスビューも見れ、バスもバッチリ間に合い、今回の旅をこの日に選んだこと、間違いじゃなかったと、彼女の運の強さを感じました。
P7050118

でもそれは、運じゃなくて、きっと彼女自身が持っているものなんだと、なんとも羨ましい生き方をしている人に、久しぶりに出会い感謝です。
いろんな話一緒に語れて、心から嬉しかったよ。
また人生を遊びましょ〜♪