iland01
屋久島で以前から気になっていた「アースバックプロジェクト」が開催されることになり、急いでビルダー研修に参加しております。
前からずっと気になっていたんだけど、どんなもんか見たことがなくて、今回いい機会だから今後自分の家を作るのにも参考になればと参加をすることにしました。

「アースバッグ
とは、土嚢袋に土を詰めて積み上げ構築していく工法です。イランの建築家ナダー・カリリ氏により確立され、アメリカ・カルフォルニア州「Cal-Earth」にて本格的なワークショップが開催されています。様々なテクニックを使いドーム上に積み上げて行くので、自由度も高く、卵型が台風や地震等にもすごく強度が強いらしい。

IMG_1201
一番最初に参加した時、繋がっている土嚢袋を利用して、土や砂利、セメントなどを混ぜ合わせて行く。
これは地域や、場所に適したテストを行い、この土壌で最良とされる方法で施工がスタートする。

僕が思っていたのは、もっと柔らかいのかと思っていたんだけど、びっくりするほど硬く、触るとほぼコンクリートといった感じでした。
作り方も非常にユニークで、その都度プロのアースバッカーが意見を出し合い、工程が出来上がっていく。

土嚢の厚さもあり、出来上がると夏は涼しく、冬は暖かい建物になるらしい。
IMG_1221
1日、1日と日がすぎるに当たって、どんどんとバックが積み上がっていきます。
IMG_1282
途中からドア枠が入り、なんか家のような感じがして来ました。
IMG_1481
あっという間に、背丈を越えるほどの大きさに、でも高さは6-7m前後までいくので、まだまだ1/3ほど、高所恐怖症の僕にとっては怖いけど、この期に克服するか!!

日本各地でワークショップを行なっているので、ぜひ興味のある方は体験・参加して見てください。
日本アースバック協会(ジェバ)
http://earthbag.jp