GREEN MOUNTの旅日記

屋久島を自由に旅するガイド GREEN MOUNTの公式ブログです。 トレッキング、ピークハントやキャンプなどの山のツアーから、今話題のSUP(スタンドアップパドルボード)、SUP YOGAなどの川のツアー他、天候に合わせてスタッフにお任せツアーなどを運営しています。 ツアーの様子や、活動報告、日々の屋久島LIFEなどを随時UPしてますので、屋久島に興味のある方は是非チェックしてみてください。

タグ:屋久島

この日のSUP YOGAには
東京目黒にあるピラティススタジオ「Studio Taira」に通っている 
お2人 が参加してくれました。

天気は快晴。
ウェットを着ているので、水に飛び込んでも 寒くなく、とっても気持ち良い気候です。

 DSCF8776

中洲で途中、採れたてレモングラスとロースイーツでティータイム。
レモングラスが大好きとのことで、とても喜んでいただけました。 

DSCF8887

その後、橋の下で思い思いに好きなポーズを楽しみました。

ピラティスをやっているだけあり、体幹が素晴らしく、
また、遊び心もいっぱい!

岩から飛び込むの大好き!の一言で、
急遽プランを変更して、飛び込み大会!!!

SUPならではの自由さです。

DSCF9036

いっぱい遊んだ後は、最後にゆっくりシャバアーサナ。
この日のシャバアーサナは、宇宙にいるような気持ちよさでした。

DSCF8979



 

DSCF8315
東京でピラティスを運営しているスタジオTairaの貴子さんの紹介でOさんとAさんが屋久島に遊びに来てくれました〜♪
当日まではメールにて、オススメのポイントなどなどを一緒に話し合って来ました。
「じゃー全部まとめてお願いします」ってことになり、下から上までお二人が満足してもらえるように企画させていただきました。
っということで、まずは「屋久杉自然館」に到着!屋久杉のことならココ!!といった、縄文杉の折れた枝もあるので、見所満載です。
DSCF8326
サル川ガジュマルにも行って来ました♪入り口にはトトロの傘でも人気のあるクワズイモちゃん!
屋久島のクワズイモはめっちゃ大きいです。
DSCF8333
里は亜熱帯気候なので、南方系の植物が生息しております。
県道を走っていてもアコウやガジュマルが目につきますが、少し森の中に入るとこんな大きなガジュマルもお出迎えしてくれます。
DSCF8344
ちょうどこの日は雨が多く降っていた後、千尋の滝も爆発寸前です。
ここまで出てると見ているのが気持ちがいい!
DSCF8366
こっちは大川の滝!こちらも爆発中!
明日から少しづつですが、良くなっていきそうなので、今回の旅に期待が膨らみます。
DSCF8391
大川の滝から少し西部の森を走っていくと、森の中に視線を感じました。
DSCF8400
その後はちょうど開花が始まったシャクナゲを見に栗生のシャクナゲ公園に足を運びました。
DSCF8399
ところどころですが、開花したシャクナゲを見ると、早く5月の中旬になって屋久島シャクナゲを見にいくのが楽しみです。
DSCF8416

DSCF8438
アセビも花を咲かせていて、すごく綺麗です。
DSCF8456
今日は、白谷雲水今日へ!
新緑の季節で、森の中では葉の世代交代が始まっています。
DSCF8461
この季節にはヒサカキが咲くので、ツーンとした匂いが広がります。
嫌いな方も多くいますが、僕はこの匂いフェチです(笑
DSCF8463
まだ寒さが残ってますが、一晩前の雨が森に奇跡を起こしてくれてます。
DSCF8472

DSCF8496
オーレンの花も満開!
DSCF8482
僕らの心も大開放!
DSCF8501
見るもの全てがまるで絵で描いたような緑!
DSCF8504
テンションもどんどん上がっていきます。
DSCF8524
太鼓岩からの景色も最高でした。
今年の山桜は寒かったせいでこれからです。
DSCF8569
一緒に写って見ましたが、マリオのルイージにしか見えない僕
DSCF8629
今日は縄文杉へまだまだ遊び尽くします。
DSCF8637
!!
っと、もしかして霰!!
DSCF8656
あれよあれよと降った霰がつもり、雪景色!
DSCF8707
晴れ、雨、霰、曇り、雪と様々なコンディションが一つの日に!
明日はいよいよSUPです。
DSCF8813
常緑の広葉樹の森の新緑は、世界に誇れる景色です。
DSCF8818
昨日までの疲れも吹っ飛ぶほどの景色に
DSCF8843
スタッフのトモも終始笑顔!
今日はSUP YOGAです。
DSCF8871
透き通る水の上を水上散歩!!
最高です。
DSCF8905
DSCF8910
ここから見ると本当に屋久島の森と川は素晴らしい!
DSCF8943
水の色がとても綺麗!こんな色なかなか見れません。
DSCF8956
波紋がまたアートみたい
DSCF8968
体をほぐし、
DSCF8979
ゆっくりボードの上で休息している姿が、まるで宇宙に浮いているようだった!
DSCF9018


DSCF9066
天候にも恵まれたこと
屋久島の大自然に感謝です。

また会いたいお二人でした。

屋久島を自由に旅するガイド
GREEN MOUNT
http://www.greenmount.jp





 

DSCF8177
3月の終わりというのに、屋久島はまだ天気が不安定で、本日も霰が降って来ました。
今日はKちゃんと Sくんと一緒に縄文杉へ
DSCF8171
このコースの見所は、縄文杉だではなく、そのプロセスにあると思っています。
 本州の杉の木と何も変わらない屋久杉の種が、屋久島に生まれたことで起きる巨木の森は
屋久島の環境が作り出す極上のアート
DSCF8182
日々変わる景色に、僕も楽しい一日を過ごさせていただきました。
 

注意:まともに読まないように!
B68R0603
この日は仲間のガイドを営む冒険家たちと、新しい新天地開拓への夢を向けて、海岸辺りの捜索を行いました。
捜索するならと、用意をしたのですが、、、、、みんなと違うことに気づき、、普通に行くことに!
大好きな仲間たちと40才過ぎても思いっきりエンジョイしてます。
B68R0612
海岸に着くといきなりポットホール(河底や河岸の表面が硬い場合、表面に割れ目などの弱い部分があるとそこが水流による侵食のためにくぼみとなる。このくぼみの中にが入ると渦流によってその礫が回転し丸みを帯びた円形の穴に拡大する。その後川底が侵食の影響で下がり、甌穴のできた場所は水面より高くなる。その結果、甌穴が地表に見られるようになる。byウキペディア)らしきものを発見!!
これはしっかりとチェックする必要があると、探検家たちと捜索に!
残念ながら、古代の遺跡らしく(←ジョーク)ポットホールではなかったです。。

スタートから興奮止まない旅がスタートしました。

B68R0653
先々に期待すること10分、、、海岸にゴミの山が!!
僕らからしたら宝のフリーマーケットのような場所!
そこから掘り出し物をまとい、Earth tribesのヒロミと
B68R0669
こないだ地球以外の惑星に水があることがわかったとNASAが発表しておりましたが、なんと交信するレシーバーが海に落ちていたので、二人でコンタクトしてみたところ、相手からの更新が!!
っと思ったら隣のヒロミとつながってました。。。。
B68R0655
入り口で見た古代遺跡で興奮した僕らは、なんとやっと巨大なポットホールを発見!これには驚きました。長い年月で削られた部分に僕らは足を伸ばして見ると!その大きさにびっくりです。
B68R0756
なんて、屋久島での同業者の集まりですが、なんと!みんなめっちゃいい仲間たち!!
っというか心の友みたいな感じで、この仲間と出会えたことにも屋久島に来れて感謝です。
B68R0702
さていろいろ書きましたが、今回の目的地です。
海岸沿いに大きな岩のアーチがあるという噂を聞きつけ、みんなで探索に!
屋久島に住んで6年目ですが、まだまだ自分が知っているところは自然の一握り!!だと全員が認識!
これからGREEN MOUNTも大きな石のアーチのツアーを計画して行きます。

冒険はやめられない!!
ここでしか感じられない太古の息吹を感じに!屋久島にGO!

屋久島を自由に旅するガイド
GREEN MOUNT
屋久島の知られざる世界を!
http://www.greenmount.jp
 

1月にKarrimorさんの取材で白谷雲水峡へ雪景色を撮影に行ったのと、SUPツアーがサイトに特集されました。
今回は撮影をサポートしてくれたフォレックの古賀さんと一緒に二人での取材に行きました。
DSCF5570
古賀さんはフォレックという名前でガイド業を営んでおります。フォト・トレックの略で、写真には定評があり、森の中での撮影の仕方なども教えてくれるし、ツアー中の写真を頼むこともできます。
※GREEN MOUNTもオプションで撮影代行を行なっております。

一般の方のイメージだと、南の島の暖かく、巨木と苔イメージが強いようですが、実際は12月の中旬から3月中旬ぐらいまで山間部には雪が積もり、全く違った景色を見せてくれます。
古賀さんと相談し、普段みんなが見慣れている白谷雲水峡が一体どのぐらい変わるのかを見てもらいたく、早朝4:30に待ち合わせしスタートしました。
朝日の太鼓岩を目指して。
DSCF5481
天気もよく、思ったより雪もあり、とてもいい景色を撮影することができました。
DSCF5444
朝日を浴びる宮之浦岳はすごく綺麗です。
DSCF5527
こういった苔と雪の景色も、この季節の楽しみの一つ。
DSCF5541
あたり一面、幻想的な景色に囲まれて
karrimor-no11
終始笑顔な一日でした♪
細かくは、karrimorさんのサイトをチェックしてみてください。
きっと今までと違った屋久島を楽しんでもらえると思います。

karrimor-no2-984x490

+Karrimor vol.13 屋久島トレッキング(鹿児島県)
屋久島公認ガイド・加藤朗史さんとalpiniste 45+10
http://www.karrimor.jp/magazine/series/pluskarrimor/vol-13

↑このページのトップヘ