GREEN MOUNTの公式ブログ

屋久島を自由に旅するガイド GREEN MOUNTの公式ブログです。 トレッキング、ピークハントやキャンプなどの山のツアーから、今話題のSUP(スタンドアップパドルボード)、SUP YOGAなどの川のツアー他、天候に合わせてスタッフにお任せツアーなどを運営しています。 ツアーの様子や、活動報告、日々の屋久島LIFEなどを随時UPしてますので、屋久島に興味のある方は是非チェックしてみてください。

タグ:屋久島

この旅、奈良県からKちゃん、YちゃんとGくんがサイクリング屋久島に出る為に屋久島に!
 一緒にMさんと、Sちゃんも来島!
僕らはゆっくり島の滝巡りを楽しみました。
DSCF6772
今回屋久島2回目となるMさん。今年はまた秋頃に訪れる予定だそう。
すっかり屋久島を気に入ってもらえて嬉しいです。
DSCF6785
今回初めてとなるSちゃんに屋久島を気に入ってもらおうと企画したMさんと一緒に
DSCF6910
屋久杉ランドにも♪
ちょうど雪がのこっていてとても綺麗です。
この時期は木道が滑りやすかったりするからゆっくり歩くのがベストですね。
DSCF6855
外気は寒かったけど、途中日も出て快適に自然を堪能できました。
DSCF6967
屋久杉は大きさもですが、やはりその佇まいに圧倒されます。
生きていることの素晴らしさを屋久島の自然からお届けしました。

Mさんとは2回目!前回は山の中にキャンプに行って、今回は滝やランドに!
まだまだたくさんある屋久島の大自然を一緒に楽しんで生きましょうね♪




 

16388252_1111670215626033_7574118189919778167_n
Photo by フォレック 古賀

天気も良く、本日無事に依頼されていた取材が山と川と終了しました。
撮影を快く受けてくれた、一緒に仕事ができたフォレックの古賀さん楽しかった。ありがとうございました。
今日はLIFF-UP TOURの和田くんも一緒に来てくれました。
16473793_1250954558354763_3359431000168833076_n
Photo by LIFF-UP TOUR 和田
2月でも天気が良ければウェットスーツとブーツで、SUPは快適です♪

ツアーの詳細はこちらをチェック!
http://www.greenmount.jp/tour/sup/half_day.html

 

P1280157
2017年度 初めてのお客さまは、KちゃんとYくん!
1月の終わりに安房川でSUPです。
さて、Kちゃんはちょうど就職して1年目、Yくんは学生でこれから就職、「以前から興味があり行きたかった」と屋久島へ遊びにきてくれました。

1月に川でSUP!!って思われがちですが、GREEN MOUNTではウェットスーツとブーツを用意しているので、天気が良ければポカポカSUPです。
※水温は雪解け水ですので、10℃以下!なので長時間落ちると凍れます(笑

P1280177
初めての体験でも水に落ちずにしっかり立てて、自然を見る余裕まで!
P1280183
この時期は水温は低いですが、透明度が高く、風がないとこんな写真も撮れます。
P1280208
光が差し込んできて、とても神秘的な景色でした。

P1280224
奥へ進むと貸切
P1280231
だーーーれもいない安房川を独占しちゃいました。

途中からはこれからの人生の話で盛り上がりました。
自分の中の自分に正直に!
やりたいことは、なんだってできる!
起きる全てのことは、自分が選んだ大切な道!
思いっきり楽しんで生きて生きましょ〜。

また機会があれば是非遊びにきてちょーだい。


 

iland01
屋久島で以前から気になっていた「アースバックプロジェクト」が開催されることになり、急いでビルダー研修に参加しております。
前からずっと気になっていたんだけど、どんなもんか見たことがなくて、今回いい機会だから今後自分の家を作るのにも参考になればと参加をすることにしました。

「アースバッグ
とは、土嚢袋に土を詰めて積み上げ構築していく工法です。イランの建築家ナダー・カリリ氏により確立され、アメリカ・カルフォルニア州「Cal-Earth」にて本格的なワークショップが開催されています。様々なテクニックを使いドーム上に積み上げて行くので、自由度も高く、卵型が台風や地震等にもすごく強度が強いらしい。

IMG_1201
一番最初に参加した時、繋がっている土嚢袋を利用して、土や砂利、セメントなどを混ぜ合わせて行く。
これは地域や、場所に適したテストを行い、この土壌で最良とされる方法で施工がスタートする。

僕が思っていたのは、もっと柔らかいのかと思っていたんだけど、びっくりするほど硬く、触るとほぼコンクリートといった感じでした。
作り方も非常にユニークで、その都度プロのアースバッカーが意見を出し合い、工程が出来上がっていく。

土嚢の厚さもあり、出来上がると夏は涼しく、冬は暖かい建物になるらしい。
IMG_1221
1日、1日と日がすぎるに当たって、どんどんとバックが積み上がっていきます。
IMG_1282
途中からドア枠が入り、なんか家のような感じがして来ました。
IMG_1481
あっという間に、背丈を越えるほどの大きさに、でも高さは6-7m前後までいくので、まだまだ1/3ほど、高所恐怖症の僕にとっては怖いけど、この期に克服するか!!

日本各地でワークショップを行なっているので、ぜひ興味のある方は体験・参加して見てください。
日本アースバック協会(ジェバ)
http://earthbag.jp


 

15317791_1351673768189710_7486483320484010359_n

屋久島ガイド協会に所属しているカズと、CAP Innovationのユッキーがモッチョム岳をロッククライミングする話を聞いて、その日を目に焼き付けようと朝から息子と双眼鏡でチェックしてました。
15391197_1351674188189668_3086689903328235380_n

標高約900mの頂には何度も立ったことがあるが、それは裏から森を歩いて行くコース
15390873_1351674028189684_4910684607227188556_n

今回は、前から岩を直登すると聞いて、心が震えた。
「見てみたい!」
その気持ちを抑えきれず、、バイクに乗って色々な角度から撮影して見ました。
カメラはX-T2、レンズは100-400とテレコンを使って200-800!フルサイズで換算すると望遠は1200になる。
まだ使い始めたばかりのカメラとレンズですが、絶好の機会と思い練習も兼ねて撮影させていただきました。
15285077_1351673851523035_2480129366707647739_n
事前に登るルートは教えてもらっていたので、だいたいどこにいるかは検討がつき、すぐに発見!
高所恐怖症の僕では到底真似できない!!が、ロッククライミングに人が魅了される理由はなんとなく伝わってくる。
できることなら一度は試して見たいと思うが、僕はおそらくおしっこ漏らしてしまいそうだ。。(笑

15439719_1351673904856363_8053905837255256324_n
(岩壁をモノトーンで!なかなかいい写真が撮れて嬉しい)

天気もよく、日向にいると半袖で入れる気候。
ポカポカしながら岩壁を登る姿に僕は魅了され、最後まで見てしまった。
15356670_1351674684856285_4951959729222418712_n
後ほど聞いて見たが、岩壁に張り付いている気分は最高らしい。
しかし、このレベル素人でどうこう太刀打ちできるサイズではない。
しっかりとした下準備と練習の賜物ですな。
15439761_1351675581522862_4685494469131907073_n
 最後の最後まで感動をありがとでした。
そして登頂おめでとう!
 
小さな岩のクライミングがあったら、また誘ってくだされ! 

↑このページのトップヘ