GREEN MOUNTの旅日記

屋久島を自由に旅するガイド GREEN MOUNTの公式ブログです。 トレッキング、ピークハントやキャンプなどの山のツアーから、今話題のSUP(スタンドアップパドルボード)、SUP YOGAなどの川のツアー他、天候に合わせてスタッフにお任せツアーなどを運営しています。 ツアーの様子や、活動報告、日々の屋久島LIFEなどを随時UPしてますので、屋久島に興味のある方は是非チェックしてみてください。

タグ:屋久島

P5260205
昨年タイミングが合わずにできなかったSUPを今年は天気にも恵まれ!
初めての体験ということで、とりあえずいきますか!!
P5260231
リバークルーズは、海に比べるとウネリがないので、断然立ちやすく初めての方でも楽しむことができます。
P5260259
慣れてくれば、パドルを使って水を吸い上げることも!
P5260305
川を進んでいくと、なんか森の中に入ったような気にさせてしまう屋久島の川
P5260358
上流では流れも弱く、ライフジャケットを着ながらプカプカ浮いて遊べます。

5月も終わりに近づき、水温もだいぶ暖かくなってきました。
もうすぐ海水パンツで入れそうです♪






IMG_0442
今日は「Studio Bond」に所属しているタレントの「かずみーぬ」とシンガーソングライターの「絵美ちゃん」と一緒にSUPの半日ツアーに繰り出しました。
以前からかずみーぬの存在は知っていましたが、なかなかつながることがなかったのですが、今回縁があり話してみると、透明感がある優しさを持っている彼女に魅了されることに!
現在彼女は「屋久島プロジェクト」に参加していて、屋久島には1年ぐらい住んでいるそうです。

屋久島プロジェクトとは?
「人生の転機を探している」「自分の作品または自分自身を世界に発信したい」そんな熱い想いを持つ次世代クリエイター候補の方々に、創作活動に没頭できる環境を提供するプロジェクトです。
IMG_0542
そして今回ツアーをサポートするのがGREEN MOUNTの「SUP YOGAコース」を担当しているトモ
さらにオーストラリアから僕らの親友のアンジーが遊びに来てたので、一緒に!
アンジーは「Switchboard Media」というメディアのプロデューサーをしています。
こんなメンバーで思いっきりSUPを楽しんでいきましょ〜♪
IMG_0060
まずは松嶺大橋から今日の安房川の状態をチェック!
干潮だけど、そんなに流れも激しく良さそうです。
IMG_0160
初めての体験!!
SUPの魅力を思いっきり楽しんでもらいましょ〜♪
IMG_0121
スタートしてしばらくすると二人ともバッチリSTAND UPできました。
IMG_0182
川の水もそこまで透き通るほどの綺麗さです。
IMG_0203
この二人は以前一緒に会社を起こして仕事をしていたこともあるほど、ソールメイト!
IMG_0209
それなりに水が冷たかったけど、ウェットを着てれば全然OK!
??アンジーは??寒さ知らずか!!(笑
IMG_0221
かずみーぬと絵美ちゃんもいい感じです。
IMG_0223
ジャバーンっと!
IMG_0299
仲良しのキュートな二人組
そろそろ先に進むかな
IMG_0474
SUPの魅力はボードの上でどんなアクティビティーを行ってもよく、自由度の高いスポーツです。
立ってYOGAをしても、ライフジャケットを枕に寝てもOK!
何も規制がないのが僕の好きなところです。
IMG_0469
寝ながら水に手を入れると、ボードに波紋がぶつかり、その揺れがまた心地よい!
IMG_0506
しばしの休憩でも笑顔が溢れてしまいます。
IMG_0616
アンジーは水を浴びて気持ち良さそうです。
IMG_0649
ここは岩の上!これからここからジャンプします。
IMG_0656
イヤッホーーーー♪
IMG_0660
っともういっちょヤッホー♪
IMG_0695
さらに
IMG_0696
いっきまーーす!
IMG_0700
サイコーーーーです♪
IMG_0729
安房川でのSUPクルーズは、いろいろなアトラクションが詰まっていて、とてもオススメです。
IMG_0794
安房川の上流では、川底までが浅い代わりに、上から見ると底まで透き通って見えるほどの透明度。
IMG_0872
最後はゆっくり川の流れを使って、戻ってきました。
IMG_0941
今回も最高のツアーとなりました。
水と触れることで、心が解放され、みんな終始笑顔!

僕もめちゃくちゃ楽しかった〜♪
IMG_0630
今年はGREEN MOUNTと一緒に屋久島の透き通る水の上を水上散歩に行きませんか!
IMG_0833
今回新しくGREEN MOUNTで購入したのが「オンズカンパニー」のNSPのスタンドアップパドルボードです。
取り扱いは「Essence Sports」が行ってます。
サイズは9'2のE2 SIRF SUP、ワイドなボディーで安定感もあり、取り回しもスムーズでした。サーフィンも出来るので、今年はスモールサイズの波の時にチャレンジしてみようと思ってます。

参加してくれたかずみーぬと絵美ちゃん、アンジーありがと〜ございました〜♪
 

IMG_3250
携帯の音が鳴り響き、ささっと出るとEarth Trabesのヒロミからだった。
「アキ、今度4泊5日の縦走をしようと思っているんだけど、サポートどう?」
この言葉を聞くのは2回目
前回は3泊4日のツアーだった。
そのツアーも奇跡的な天候に会い、雨やら晴れやらと、心の中まで染み渡る縦走ツアーであり、今でも鮮明に覚えている。

ヒロミとのツアーはお互いが信頼した上で出来上がっていて、旅の目的地に行くことを重点においているツアーではなく、旅のプロセスに重点を置き、その時のコンディションに順応できる内容となっているため、僕にとってはとてもやりやすい。
「もちろん全然OKだよ」
「ありがと〜じゃ〜企画練っていくね、今回も森を通じて参加する全員に、自分の物語を歩ききって欲しいんだよね。」
「いいね〜!やろうよ!僕も久しぶりに森の中にどっぷり入りたい。」
そんな言葉から今回のツアーが出来上がってきた。

もともと僕は心に響くような旅、何かをチェンジしてしまうほどのインパクトがあることが大好きなせいもあり、通常のツアーでは思いつかないようなことに目を向けてしまう。
同時に安全も気にしてしまう自分もいるので、両極端な性格だ。

ヒロミと一緒に旅に行くのは大好きだ。これが2回目となる。
でもGREEN MOUNTとしてツアーに参加し、4泊ものロングステイをするのは今回が初めてになる。
心の中で、様々な思いがぐるぐると回っていたのを覚えている。でも決して恐怖から来るものではなく、暖かい風のように、心地よく心の中を回っていた。

ツアー行程が出来上がった時に、僕の第一印象は!
これ、最高じゃん!!
登山道だけど、ほとんど誰も使っていないコースをメインに屋久島を縦走する。
一緒に行くメンバーは決して登山家ではない、
通常の思考回路の人間だったら、絶対こんなことを考えないコース。

しかし僕らは、このコースを今回参加する全てのメンバーと、心を通わせ、つながり、助け合い、協力しながら下山した。
今回のツアーから、参加した全てのメンバーに感謝の意を表してここに僕の物語を残します。

IMG_3194
最初に撮った一枚は、屋久島の森の中へと入山するために、それぞれが、それぞれの思いを伝えていく。
ヒロミくんの最初の一言が僕の心を揺さぶった。
「森からもらうだけじゃなくて、森にも与え続けてくださいね。」
人間が森から離れて生活をし始めたのは地球の歴史を振り返ると、つい最近の出来事
誰もが屋久島の森から何かを得ようとしているが、そうではなく、与えることで循環することを体験して欲しいと伝えていた言葉が、今でも頭に残っている。

天候は晴れる時もあったが、2日目からは曇り、雨、大雨、土砂降り、また晴れと様々な表情を見せてくれた。
その度に心の中にある「決められた枠」は屋久島の森の中で自由に生きる植物のようにジワジワと外されていった。
IMG_3210
雨の中を歩くのは嫌いじゃない。
正確に言うと嫌いだった。
この島に来て、仕事がらたくさんの土砂降りに出会い、雨と向き合う時間がたくさん増えたため、今では雨でしか体験できないことをしようとする自分もいるぐらいだ。

その時の環境を変えることよりも、その環境から何を学ぶかが好きになっている自分がいる。
P5150082
雨のおかげて、水滴が辺りの世界を拾って、さらに神秘的な世界を見せてくれる。

P5140049
今年はハイノキが満開らしく、気持ちのよいぐらい色々なところで、見ることができた。

IMG_3217
旅をすると色々な発見がある。
切り株の中からのぞくと、ここにも木の心を見ることができた。

気づくとあっという間に2日が経ち、いよいよ奥岳のメインストリートにお邪魔することになる
P5140035
5月中旬から屋久島の奥岳を色付けるシャクナゲの蕾
水滴が付き、あとは太陽を待つだけ
ピンク色から白へと開花し色が変化していく姿はとても素晴らしく、僕の心の中を生まれた時の色にリセットしてくれる。

みんなの笑顔を見ると、とても心があたたかくなった。
人の心が感じられること、温かさや豊かさを感じながら、時には悲しみを共有し、甲高い声で笑い、今ここに生きていることを喜び合う。
心が通い合い、一人一人が、一人一人を大切に思う気持ちが伝わってきて、僕らはみんなで一つになっていた。

こう言った時、神様はきっと見ている。
IMG_3352
朝から続いた大雨は嘘のように上がり、雲の中から巨岩が現れ出した。
あそこまでもう少し!
期待していたことが、期待していた通り起きるのはなぜ?
そこに答えは見つからないが、きっとこうだろう。
枠を外すことで、不安を取り除き、ただただ信じることが循環の流れに入り込んだんだろう。
与えることでもらえるギフト。
IMG_3434
永田岳から見た夕日を僕は忘れることができない。
だから、また来てしまった。
この夕日を見たくて。
そして、今回もその夢は叶い、想像を超える世界を僕らの目の前に与えてくれたことに感謝している。
IMG_3646
何かを手に入れたければ、何かを手放すのではなく、与えること
与えることで、循環の波に乗れる

山の中にも波に乗ることができる。
森でも、里でも、海でも、どこえでも。。
IMG_3833
5日目は早朝のこの森を見たくて、辿り着いた。
人の手が入らなかった頃の屋久島の森の姿が今でもわずかだが残っている。
ツアーはここが最終日となる
そしてここでよかったと、心から思っている自分がいる。
IMG_3924
今回も大きな学びを、一人ではなく、7人のメンバーで感じることができたことに感謝している。
企画してくれたヒロミ、参加してくれたよっちゃん、かんちゃん、ゆりちゃん、えいじさん、たかおさん、
いつもその時に必要な人が、まるでパズルのピースを埋めるように助けてくれる。
途中ですれ違った金ちゃん、亀ちゃんにも

今回も、大きな愛に包まれた、自分を成長させるツアーでした。

いよいよ来年からGREEN MOUNTも1泊2日のツアーを縮小し、大いなる自然の愛に触れる3泊4日のツアーを企画していきます。


IMG_2702

以前ツアーに参加いただいたTモンからの紹介で、やってきたYッチとSッチン
登山は初めてとのこと。
白谷から縄文杉を1日で見るフリープランに申し込んでもらっていたんだけど、、
前日の大雨にて急遽縄文杉の日帰りコースへ!

雨も上がり、水滴が葉っぱやコケから滴る景色が、神秘的な森を作り出してくれました。

気づくとこんな笑顔です。
こんな笑顔を大切にツアーをサポートしていきたいです

P4200122
屋久島で今話題のSUP(スタンドアップパドルボード)
ボードの上に立って漕ぐスポーツですが、、、
立っても、座っても、寝ても、自由な体勢で楽しむことができるのも魅力の一つです。

P4200024
休憩時には、川に飛び込んで、
P4200057
思いっきり遊びましょう。



 

↑このページのトップヘ