GREEN MOUNTの旅日記

屋久島を自由に旅するガイド GREEN MOUNTの公式ブログです。 トレッキング、ピークハントやキャンプなどの山のツアーから、今話題のSUP(スタンドアップパドルボード)、SUP YOGAなどの川のツアー他、天候に合わせてスタッフにお任せツアーなどを運営しています。 ツアーの様子や、活動報告、日々の屋久島LIFEなどを随時UPしてますので、屋久島に興味のある方は是非チェックしてみてください。

タグ:屋久島

DSCF0418

いよいよフィリピン・ネグロス島へと向けて、本日嫁と子どもたちが旅立って行きました。

戻りは2月末
 

この2ヶ月は子どもたちにとっても、嫁にとっても家族旅行でもなく、全く新しい世界を体験してきます。
現地の学校へと1ヶ月半ちょと通うわけですが、1人自宅に帰りぼーっといろんなことを考えました。


僕は中学校から高校を卒業するまで、全寮制の学校に入ったんですが、そこで体験したこと、良いことも、やなことも、楽しいことも、大変なことも沢山ありましたが、今振り返ってみると、すごい体験をしたなーと思いました。
月曜から金曜まで学校の横にある宿舎に泊まり、1学年約300人の同年代、1,000人の全校生徒と過ごしました。
毎朝6:30ぐらいから大暴音の校歌を聞きながら飛び起き、校庭での体操とマラソン。夜の6:00からの夜間学習。
 

気づいたら、外に出たいと思春期男子のいく様は、、外のネオンにやられてしまい、欲望をむき出しの世界へと。
入学当初は博士号なんかも取る脳が、卒業する頃にはほとんど溶けてしまい、下から数える程に。
 

でも、なかなか会えませんが、同じ飯を食べた一生消えない仲間たちとの繋がりは、今を生きる原動力になっていることは間違いありません。
 

卒業後イギリスへ、その後日本の大学を卒業し就職したもの、自分の人生を問うことが多く退職。誰かの会社で働いたり、自分たちで起業したり、また管理職として働いたり、様々な職種も体験しました。
 

生まれたところが田舎だったこと、親父とお袋が土をさわっていたこともあり、農なんて嫌いだったけど、気づいたら土が触りたくて畑なんかも素人知識でやったり、現在屋久島でGREEN MOUNTという屋号で、小さい頃から里山を歩いて探検してたことを時々思い出しながら、人と自然をつなげるガイドとして仕事させてもらってます。。
 

思い返せばマニュアルもない、レールもない人生です。
こんな親が子供を育てているわけで、、道中レール外れの迷い迷いです。笑

しかし、1度も自分の人生を不満に思ったことはありません。
 

これからの社会、今までの方程式が当てはまらない世の中になっていくと僕は思っています。
科学が発展しAIが育ち、小さい頃に読んだマンガの世界がすぐそこまできています。
急発展することで起きている社会の歪みが、親も子供達も迷わせます。
そんな中、生きる子供たちが大人になる過程で、沢山の経験をしてほしいと思います。
そして、生まれてきて、今世がいつ終わるかわかりませんが、骨の髄まで後悔せず、兄妹喧嘩(多し)しながらも楽しく生きていってほしいと思ってます。
 

僕はこの先の人生を子どもに教えることなんて何もできません。
ただ、ただ、幅を広げてあげることなら、自分達のやり方でやってみたいと思っています。

きっとこの体験をじっくり子ども達が吟味するには、沢山の時間が必要だと思います。
もしかしたら子供を産むことがあったらその後かもしれません。

でも僕は信じてます。
 

この体験が、いつか子ども達の新しい目を養い、心を鍛え、グローバルな目線で、個性を尊重する人間になってもえるエッセンスになることを。

個性を見定め、幅を広げることは、子どもにできない僕の役目。
そのチャンスは、やってみるか、やめておくか。。

時間をかけて子ども達に興味を持ってもらい、英語を話せることは、世界の言葉を話せること。いつか翻訳機ができても、言霊は自分の口から伝えていかなければならい。
 

将来が本当に楽しみだ!!
 

この度沢山の方にこのチャレンジを広報支援していただき、支援していただき、心から感謝申し上げます。

生まれたところがどうこう問題の時代は終わります。僕らが知っている以上に世界は日々急成長をしています。狭い視野で物事をみず、広い目線でものごとをみていく。
きっと新しい時代は、お金の使い道、価値観さえ変わっていくんだろうと思っています。
 

目まぐるしく進化する時代に、自分をもち、どう生きたいかを自分の心で示せる大人への旅
 

僕らもこのチャレンジ、僕らのライフスタイルがむき出しになり、めっちゃ勇気がいりましたが、とりあえず進み始めました。

あの時決めて、、やってよかった。
 

感謝

こんばんは、Green Mountのトモです。

ママ友から急遽、明日九州最高峰の宮之浦岳に登るお誘いがきました!

屋久島に7年住んで、やっと宮之浦岳に登れるチャンスがきました!
旦那のOKが出たので、慌てて準備してます。
(子供を見てくれるパパたちにBig Thanks!)

100m登るごとに、気温がマイナス0.7℃ぐらい下がるとのことなので

里の気温マイナス10℃〜15℃をイメージして装備しました。


 

衣類

・カリマーのインナー (暖かく、汗をかいても濡れないので冷えない!)

・パタゴニアのフリースロンT(これは、普段着でも大活躍!!)

・厚手のレギンス    (全然山用のじゃない普段着)

・マーモットのダウンスカート(寒い日によく普段着としてズボンの上から着てます!)

・パタゴニアのナノパフジャケット(屋久島の冬はこれ1枚でOK!濡れてもOKで大活躍!毎日活用中。山ではこれをインナーとして使います)

・パタゴニアのフリース  (旦那の。めちゃくちゃ暖かいです)

・カリマーのニットキャップ

・ネックウォーマー     
・ゲイター

・モンベルのレインウェア  

・手袋

・防水のゴム手袋     

・キャラバンのトレッキングシューズ  

・山を降りた後の着替え (車に置いていきます)

 

その他

・カリマーのザック 30L  (旦那の)

・登山用地図

・カイロ

・おしぼり

・ライター

・ガスバーナー

・鍋・コップ

・座布団

・トイレットペーパー

・ファーストエイド

・水筒

・空のペットボトル

 

 

明日登る確率は、50%

お互いママなので、子供達の体調と天気次第で、朝起きてから登るか決めます!

登れるといいな〜〜〜!!


IMG_2511
 

GPTempDownload 21
久しぶりに1,000mの森の中を歩いてきました。
ヤクスギランドは巨木が広がる自然休養林

登山に慣れてない方でも十分に森の中を感じれる場所
GPTempDownload 35
乗り物に乗らなくても、周りが数千年の生き物たちの居住区なので、いきなり子供になれる場所。
やっぱりここが好きだなーーー。

屋久島を自由に旅する
GREEN MOUNT
http://www.greenmount.jp


DSCF0695
2013年にGREEN MOUNTの屋号を授かり屋久島で5年間、旅するサポートをさせてもらってきた。
その間に様々な出会いがあり、自分が本来やりたいと願っていた人生の旅へのサポートをさせてもらうことになった。

僕は目的地のない探険が大好き。
小さい頃から裏の山に入っては、なんの目的もない旅をし続けた。
なんで?って言われても、全く意味がわからなかったが、ただただそこにい続けることが、ドキドキとワクワクの交差した気持ちが好きだったのかもしれない。 
そして、きっと小さいながらも何かを自然から学んでいたんだと思う。
自然はたくさんのことを教えてくれる。

屋久島に来てガイドという仕事を始めたことは、僕にとってすごく大きな変化のチャンスだったのかもしれない。
しかしその変化だと思っていたことが、実は小さい頃の自分探しの旅だったとは、つい最近まで気づいていなかったのかも。
小さい頃の自分がまるで道を照らして、「僕の道はこっちだよ!!間違えないで!!!」って招かれたような気分だ。
「僕はこんなことが好きだったんだよ!忘れないで思い出して!僕はこういったことを約束してきたんだからね。。。生まれてくる前からね。。」
小さな僕は僕にたくさんの魔法をかけた。
僕の一番古い記憶の中にとか、好きなものとか、場所とか、何かを見たり、何かを感じたりしたら思い出すように、、そして好きな人と生まれる前に約束した場所で、出会うために。

小さい頃の住んでいた僕の家の裏には緑の山がある。
謎めいていて、奥がどうなっているかなんて、実は今だに最後まで歩いた記憶がない。
目的地に着いたことなんて一度もなかったのに、何度も何度も引っ張られるように入った森は

「緑の山」

「GREEN MOUNT」

人生は時に気付かせるのに遠回りさせてくる。
DSCF0693
早朝暗い中から車を飛ばした。
途中朝焼けが綺麗で、車を止めて感じた朝日は日々と何も変わらない。
特別なことはいつも灯台の下にあるんだろう。

登山道に着いた頃には、あたりは明るくなっていた。
502E289E-1DCD-42FC-83AB-358C730718ED
森に挨拶をすると、奥の巨大な生き物たちが僕らを呼び込んできた。
それに誘われるように森へと足を踏み入れる。

今回の旅で僕はなぜかこのコースを選んだ。
ほとんど人が来ない静かな森
他にもあるのに、なぜかここに行きたかった。

途中上がったり上がったりと決して優しいコースではないが、さいきんピンクのテープがやけに貼られたって噂を聞きつけたから、、
誰かが前を歩いても迷わないように。

心の旅には長い時間が必要な時もある。
自分ひとりで体験する自分にとっての時間が必要な時があると思っている。
森の中でひとり、、時も忘れて自分だけの時間は、日々刻々と過ぎていく人間社会の時間ではなく、大地の時間軸を感じることができて、僕は好き。。

忘れないように、忘れないことを、忘れないうちに。
E9029B37-2D05-4588-93AE-FFB410EE60FC
大きな巨木は時に倒れてしまい、その姿を変えてしまうが、まるで横に倒れかかって寝そべっているかのように、とうに命は尽きているのに、今でも生きているように。

姿が変わることは、たいしたことじゃない。
そのことを忘れてしまうことの方がよっぽどたいしたこと。
「ありのままの自分でいい」
と、僕が忘れてしまっていた言葉を思い出す。
DSCF0847
このメンバーといった森でこんなことを思って歩いて、帰ってきた。
今回もたくさんの学びを自然から
感謝、感謝!

さて、最終日は「水」をテーマにスタンドアップパドルで川に
DSCF0949
水の上でボードに横になると、水面の動きが良くわかる。
何も決まっていなくアメーバーのように動く流動的な水に身体の固くなった部分や使っていなかった部分が細かい振動で刺激される。
それが脳まで届くと、脳は「これで、、いいのだ!!」って答えを身体に送り返してくる。
ボードに乗ると脳から届く信号より先に身体の振動が脳に向かっていく気がする。

DSCF0983
世間のしがらみから少し抜けて、自然の中に身を委ねることは、時を刻む現代の社会では大切なことなのかもしれない。
考えることが先に進む世界から、後に進む世界を体験できるこの環境に、心から感謝したい。
DSCF1009

屋久島を自由に旅する
GREEN MOUNT
みどりのやまのリトリートは、、、おもしろおかしく、そして限りなく深く。
https://greenmount.jp



 

今回のTさんファミリーとの旅は、子供達と少しづつ距離を縮めることができ、僕もすごく幸せな時間を過ごすことができました。
数十年ぶりにTさん!家族を連れて自分が以前思い出が深い場所「屋久島」への旅を計画。
彼女からGREEN MOUNTのツアーに参加してくれた感想をいただきました。

---GREEN MOUNTへ---
1日目のsupは、想像以上に素晴らしく、大自然に溶け込んでいる感覚でした。川に飛び込んだり泳いだり、アキさんとジェミーさんがいてくれたので、子どもたちも私も主人も自由に楽しむことができました。
P8110112

2日目の白谷雲水峡は、子ども4人、一番下は5歳なので不安でしたが、5歳の息子のペースに合わせ、そして安全に行けるよう装備をいろいろ工夫してくださって、アキさんの優しさが伝わってきました。
白谷雲水峡から太鼓岩まで行くかどうか、時間的にもかなり厳しかったのに、私の、太鼓岩まで行きたい!という想いを受け止めてくれ、なんと5歳児をおぶって行ってくれました。思ってもいなかったので驚きでしたが、あの険しい山道、アキさんだったから家族6人で太鼓岩まで行くことができたと思います。本当に感謝しかありません。
太鼓岩では霧がかかっていて残念、と思いきや、風で霧が晴れて絶景を見ることができ、本当にいろいろなことに感謝でした。
何度か泣いてしまう事件もありましたが、アキさんの塩せんべいで復活して、最後まで歩くことができました。山の歩き方も教わり、5歳の息子はとても自信がついたようです。帰ってきてから他のことも挑戦するようになりました。
IMG_7319

3日目は台風が迫っていて、”SUP屋久島水族館”はできませんでしたが、代わりに、子どもも楽しめる観光を計画してくださり、アキさんとの3日間は、私たち家族にとって、とても楽しく貴重で不思議で最高でした。
屋久島の自然のこともたくさん教えていただき、みんな屋久島のことが大好きになりました。
一緒に過ごす中で、アキさんのゆったり優しい雰囲気、どんなことも受け止めてくれる大きな人柄に触れて、いろいろなことを教わったように思います。子どもたちもそう感じてくれていると思います。

最後に、マリちゃん(僕の娘ちゃん)、人見知りの長女と遊んでくれてありがとう!無理やりではなく、自然と寄り添うように仲良くなってくれて、私もとても嬉しかったです。長女も、遠く離れた屋久島に友達ができた!と喜んでいました。
DSCF8748

日がたつにつれ、子どもたちは屋久島でのことが蘇ってきています。
アキさんにお願いして本当に良かったです。
次もアキさんにお願いしたいです!

ありがとうございました!
---以上---

また一緒に旅しにいけること、心から楽しみに待ってまーす♪
数あるガイド会社からGREEN MOUNTを選んでいただき、ありがとうございました。 

↑このページのトップヘ