GREEN MOUNTの旅日記

屋久島を自由に旅するガイド GREEN MOUNTの公式ブログです。 トレッキング、ピークハントやキャンプなどの山のツアーから、今話題のSUP(スタンドアップパドルボード)、SUP YOGAなどの川のツアー他、天候に合わせてスタッフにお任せツアーなどを運営しています。 ツアーの様子や、活動報告、日々の屋久島LIFEなどを随時UPしてますので、屋久島に興味のある方は是非チェックしてみてください。

タグ:キャンプ

IMG_7016

屋久島に来ると山を意識してしまいがちだけど、里にも海にも豊富な大自然が広がっている屋久島。
この島、巨木や山だけじゃないんです。。

むしろ海を知ることで、さらに山に対しての意識が大きく広がっていきます。
意外と知られてませんが、屋久島は日本有数の魚種が多い島。
ドンブカなんで泳げない人はライフジャケットを着て、少し沖に出ればびっくりするほどの水族館が広がってます。

o5233294414257902773

こんな豊かな屋久島の海。なんか面白いことを出来ないかと。。
里も絡めて、いろんな意味で広く楽しく、そして何か深く学べること。。
そうそう!!里にも野草がたくさん生えている。

こんな面白い場所をうまく活かせる楽しい企画!!
「、、、、」
「、、、、何か食べ物とかとってみる??」
「そうだねーキャンプとか混ぜて!」

ジャジャジャジャーン!!サバイバルキャンプ生活!名付けて「サバキャン!!」をEarth Tribesのヒロミと話していたら考えちゃいましたー♪

※サバイバルっていろんな考え方があり、僕らが考えているサバイバルという定義に従いキャンプと混ぜてサバキャンを企画してます。さらに初心者の方々に参加しやすく、食に関しての制約はありますが、それ以外は入りやすいようにしてます。 4泊5日間を通じてジワジワと食の大切さや自然の大切さなどを一緒に理解していけたらいいと思ってます。


IMG_7019

どうせやるなら楽しい方がいい!!
どんな境遇にたっても笑いがあるメンバー GREEN MOUNTアキとEarth Tribesのヒロミとシンペイ!
このまま空港に乗り込みました!笑
帽子は子供が幼稚園を卒業したので使わなくなったUSED。滅多に手に入る代物ではなくレア商品!
※後ろに日よけのプロテクター付きなので、夏の暑い日でも安心です。 

ツアーの前の打ち合わせの時にヒロミと話していて、「これ初日から思いっきり飛ばしていったらやっぱり引くよねー」
「でも僕らの伝えたい部分もしっかりと大切にしていきたいしね。」
「じゃーまずは屋久島を感じてもらいながら、徐々に想いを伝えてサバサバしてきますかー」
ってことで、最初の2日間は里を満喫しながら、考え方を一緒に学んで行く時間に。
IMG_7041
初日にちょうど屋久島の宮之浦で行われる、神様事に通じる祭り「御神山祭り」を体験しに。
祭りの趣旨は「山の神に感謝をし、里の人々の末永い平和を祈る祭り」

白装束の若者が白谷雲水峡の益救雲水で「お水取り」の神事を行い、里に持ち帰って祭り会場のやぐらの上から集まった人々に榊でこの水(ご神水)をふりかけ、 無病息災・家内安全を祈願します。そしてやぐらに組み込まれた丸太を巻きつけてある縄で双方から引き合って火を起こします。大きなかがり火に矢を打って点火します。この火で山の神を迎え、勇壮な屋久島太鼓を奉納します。(サイトより抜粋)

太鼓の音が大地を鳴り響き、山の神様を迎える姿には自然と人間の深いつながりをみるようでした。
初日はゆっくりと祭り事を祝い、心を神さまからいただいた大自然でいきている喜びを記憶。
o5233294414257902678
2日目は沢へと、山から流れる水は川に流れやがて海へと流れていきます。
昨日の祭りの中に「
ご神事を中心に、山の神と海の神が綱引きをしていのちの炎を産み出すところ」 があるのですが、

まさしく山と海をつなげる場所「川」をベースに身体を全てチューニング。
水は僕らをすぐに子供時代へとシフトしてくれます。
あっという間に無邪気にただただ遊ぶことで、余計なしがらみをまずリセット。

もうここまでくると、みんな一緒に仲良しグループへあっという間に壁までサヨナラー♪
明日からいよいよ、自分たちで生きて行く方法を学ぶ時間へ。

image

今回決めたルールは簡単

「獲物が獲れたら色々特典が、でも獲れなかったら生命維持するもの以外は食べれません。」
っていう時間を楽しむ。

里で考えられるあらゆる合法な手段で野草だろうが、魚だろうが、貝だろうがとにかく何か食べれるものを探してきたら調味料と、お米が食べられるシステム。

僕らが選んだのは「
魚突き」 と「貝」

そして今回はさらに企画の間に海水から「塩」まで作っちゃおう!ってところも学んできました。

o1111083314257250416

2日目の夕方に予行練習で潜って見たら、色々釣れたんだけど、あまり食べたことがない魚など、
「とりあえず調べて問題なければ食べてみよう」ってことで、全部さばいて食べてみました。
これが意外と食べれてなんか嬉しい。

o1111083314257250332
いよいよ3日目がスタート
自ら竹を拾ってモリを作るシンペイ!
道具も自作する人が出てきた。

ヒロミと決めた想いは、
「買うことが当たり前になっている世の中で「作る・拾う・リサイクル」の自然と共生した生き方を大切にしていく」
購入したモリの先端を竹に組み合わせたり、友人からかりたモリを使ったり、持っていたモリを使ったり、みんなでそれをシェアしたりと、試行錯誤で色々試した。

image
 いつもはこの景色最幸!!って水の中の魚をみながら「屋久島っていいところだねー」なんて話しているんだけど、
今回は獲物を捕ることが第一目的だったから、モリを持って海の中に!!

そしたら、当然見える景色も変わるし、魚も警戒モードへ!
昨日はまだ予行練習だったから、甘い心もあったけど、今日からは自分たちの食が関係してくる。
こりゃー大変だー!
昨日と全然違うよ!!
ってみんな真剣モードへ。
海は流れもあり、SUPを1艇出して上からみんなを観察しながら交代交代で海の中に潜って行く。

でもだんだんとコツを掴み始め、、、気づいたら
image

こんな感じで4匹の命をいただくことに。
image
突いていないメンバーが、磯から貝を拾ってきてくれて、4匹と数十個の貝!
今日のご飯にありつけた。

自然界からの恵みは素晴らしいなー。
image
せっせとさばいて、
image
火を起こして、

真剣に毎日毎日ただただ食べることをイメージして。
こんなシンプルな生活だからこそ、見えて来る本質的な自分たちの心の奥。

昔の人は保存もできない環境で、明日の暮らしをさらに良くしたいと願い続けて進化し続けてきたんだろうな。
現代社会の大きな問題点の一つに「自然界」と「人間界」がセパレートしてしまい何か別の存在のようになってしまっているような気がする。

今回のサバキャンを体験したことで、僕らも地球の一部ということを再認識させられた。 
僕らはもっと自然と生活を共に暮らして行くことが必要なんだと思う。通常のアクティビティーではなく、少しでも心の奥底にあるディープな部分に触れられるような。 

4日目の夜は最後の晩餐ということで、スタッフ全員の家族も参加。
これには理由があり、獲れたものを「シェア」すること。そのシェアという部分から感じる新しい感覚も共に学んでいきたいなーと思ってます。
image

image

image

image
他人に振る舞うことで、味付けや見た目などもこだわってしまった。。。
レストランのはじまりはこんな感じで、誰かに美味しく食べてもらいたいって気持ちからなのかと思うぐらい、美味しい料理が完成。
image
スタッフ、参加者、スタッフの家族共に、全員が「命」について学ぶことができた大切な時間でした。

来年は

2019年サバキャン予定
2019/8/3(土)〜7(水)


でやりたいと思います。

参加者は
info@greenmount.,jp
までご連絡ください。

ツアー終了後、全く別のところでサバキャンについて考えさせられる言葉を聞きました。
ヒロミの娘”愛虹香”が学校で先生に伝えた内容。
最後に僕は「愛虹香の言葉」が全てだと思いました。

Earth Tribesのヒロミのブログから引用します。こちらも是非読んでみてください。
https://ameblo.jp/watarigarasu163/entry-12401600834.html

愛虹香の学校の先生が

「屋久島は島だから物資が届かなくなってしまったらわたしたちは生きていけません」

そう言ったのに対し愛虹香は手を挙げてみんなの前で

「屋久島には海に潜ると魚や貝はいっぱいあるし山にはいろんな山菜があるので食べれるものはたくさんあります」

それを聞いた先生は感動しちゃって、そのことを僕たちに伝えてくれた。

こういう生きていく力、何も無いところから生み出していく創造力、自然の恵みを頂いて生かされていることへの感謝
大人たちが背中を通して伝えていくことが本当の教育なんだと俺は思う。


現代社会に慣れすぎてしまい、ふと近くにある大切なものを見過ごしてしまわないように。。。とメモ! 

DSCF5230
今回はお二人新婚旅行に屋久島へ。GREEN MOUNTと共に行く旅を選んでくれましたー♪
NくんとYちゃん 
天気も良く、気持ち良い一日の始まりです。
DSCF5232
白谷雲水峡の入り口にはナナカマドが花を咲かせていました。
DSCF5235
サツキも鮮やかです。
5月はお花の季節、屋久島でもこの季節は登山道が華やかになります。
DSCF5250

NくんとYちゃんの大切な時間をどうやって楽しんでもらうか?
二人だけの特別な時間を一緒に共有させていただくわけで、、僕も気持ちが入ります。
DSCF5240
生まれて数年の杉の木は、太陽に育てられて、1,000年もするとこんな姿に!!

DSCF5307

長く生きてきたからこそ、知る様々な出来事。
それは長く付き合ってみないと見えてこない姿です。
二人もこれから長い年月をかけて、たくさんの経験をしながら生きて行くんだろうなー。
DSCF5312
今日の太鼓岩は絶景!!雲のない青と緑の世界が目の前に広がってました。
DSCF5362
どこまでも続いているようなトロッコ道をテクテクと歩き、縄文杉へと向かいます。
DSCF5364
トロッコの途中にもたくさんの見所があり、こちらは仁王杉!!
DSCF5457
トロッコ道を抜けて山道に入っていくと、触れる大きな屋久杉が出てきます。
DSCF5468
 この階段を登った先には、、、、
DSCF5505
 縄文杉へ
DSCF5513
 二人で初めての旅行。
一人で見てた景色とは全然違う景色
DSCF5571
2日間雨にも当たらず、気持ちの良いツアーができたんじゃないかなーと思ってます。
お二人の大切な時間を共有できて嬉しいです。

屋久島を自由に旅する
GREEN MOUNT
http://www.greenmount.jp 

IMG_2644

先月、縄文杉と白谷1泊2日ツアーで大変お世話になりました。
 
アキさんは経験・知識豊富で、とても親切で最高のガイドさんでした。そして屋久島愛も強く伝わってきました。山や森だけでなく、生き物、川や暮らしなど他にもたくさん屋久島の魅力を詳しく教えていただき、すごく勉強になりました。私はぎこちない日本語しか使えませんが、アキさんは全然気にせず、とっても仲良しで終始話題が絶えず、趣味、抱負や夢を語り合い、明るく楽し気なツアーとなりました。そして想像力と創造力が溢れ出す綺麗な写真の撮り方を教えていただき、素敵な写真がいっぱい撮れました。
 
数多くあるガイドツアーの中からGreen Mountさんを選び、アキさんがガイドについてくれたことは、最高の幸運だったと思います。ツアーは滞在時間たっぷりで、濡れた緑が幻想的な景色に入り込む事が出来ました。白谷雲水峡では神秘的な苔むす森、絶景が広がる太鼓岩の晴れた景色に感動しました。そして間近で神々しくそびえ立つ縄文杉に生命力の偉大さを感じ、翌日の朝には赤く染まった縄文杉を見ることができて感無量でした。今でも心に深く焼きついています。
 
登山で出会った人々との交流、そして山小屋で登山者同士皆でわいわい言いながら食べるご飯の時間も幸せでした。また貴重な機会に音楽家である丸山茂樹さんがウィルソン株の中で演奏していただいた情緒豊かな曲に魅了され、幻想的な情景が今でも浮かんできます。もろちん、アキさんが作ってくれた登山料理も絶品でした。
 
楽しい時間は本当にあっという間!ずっとこの美しい緑の世界に居たいなと、心から思っています。
 
一生に残る素敵な思い出がたくさんできたのはアキさんのおかげです。生き方や人生を見直すきっかけにもなりました。ありがとうございました。心をこめて感謝いたします。必ず友人にGreen Mountさんを強くおすすめします。屋久島が大好きになって、また遊びに行きますのでよろしくお願いします。
 
Amazing life-changing travel experience!
 
I had a GREAT time trekking with my experienced local tour guide Aki in the beautiful Yakushima. The trip wouldn’t have been so wonderful without Aki. He is an energetic tour guide with a wealth of knowledge and the best guide I have ever had. He did a brilliant job at bringing the captivating stories of Yakushima to life for me, making my first-time trekking full of fun without hassle. He provided insightful explanations of plant science and history of the island. We talked about everything under the sun from daily life, personal values to dream. His passion and enthusiasm was evident and contagious. He was incredibly knowledgeable, hospitable, obliging and fun to be with, ensuring a hassle-free journey for me. Thanks so much for showing me the splendid landscape and helping me explore more about Yakusugi and the essence of the nature.
 
This was a lifetime lasting tour and Green Mount made it possible. I will definitely recommend it to anyone as this was the way to go to see and learn as much as possible while in Yakushima! I especially enjoyed this 2-day tour with sufficient time to indulge in the tranquility of the magical forest Shiratani Unsuikyo Valley, savour the sweeping view of all the surrounding gorgeous mountains from Taikoiwa Rock and appreciate the majesty of Jomon Sugi, one of the oldest living trees in the world. Its reddish glow in the morning sun was breathtaking and refreshing!
 
It was also fantastic to meet new people to share travel experiences and spend joyful mealtimes with others in the mountain hut. The enchanting melody played by musician Mr. Shigeki Maruyama at Wilson's Stump coming once in a blue moon is still lingering in my mind. The versatile and healthy food ideas arranged by Aki definitely made the perfect camping treat.
 
Time flies so fast when you are having fun. My first trekking experience is so awesome that I just can’t tear myself away from the secluded green paradise.
 
Thanks once again for bringing me into this mind-blowing journey full of self-retrospection and inspiration. I love Yakushima and I am looking forward to the next adventure there!

在大自然中洗滌心靈
 
非常慶幸遇上當地資深導遊Aki,讓我深深感受屋久島之美、親身體會大自然的魅力,對屋久杉及島上事物有更深入的認識。如果沒有Aki,這趟旅程一定沒有這麼精彩!Aki熱愛屋久島,擁有豐富的經驗和專業知識,細心講解沿途風光、花草樹木的構造、小島的歷史和地理。即使我日語能力有限,Aki也用心傾聽,我們一邊走一邊談天說地,細說人生、夢想和信念。他非常熱情好客,幽默風趣,樂於助人,仔細打點一切,讓我無憂無慮欣賞這個綠意盎然的世界。Aki也是一位創意無限的攝影師,完美捕捉每一剎那,我也獲益良多。
 
極力推薦Green Mount這個兩日一夜的精彩旅程,這樣才能深入認識真正的屋久島,並有充裕時間,沈浸在靈氣迫人的白谷雲水峽,登上太鼓岩將屋久島的森林美景盡收眼底,還有千年古樹繩文杉,在綠林謐靜一睹神秘風采,深刻領會生命力的奧妙。千年神木在黃昏和清晨展現不同光彩,晨曦初露,萬道紅霞,叫人永世難忘。
 
在旅途上與各地旅人輕鬆閒談,與其他旅人在山小屋共享晚餐、分享人生點滴;難得遇上音樂人丸山茂樹先生在心形樹洞內演奏悠揚清脆的樂曲,餘音裊裊;還有Aki親自炮製多款露營料理,美味可口又充滿營養,這一切已成為人生難能可貴的美麗回憶。
 
快樂時光過得特別快,實在不捨得離開這個上天下地都是綠的世外桃源!首次徒步健行的體驗畢生難忘,令人回味無窮!
 
再次感謝Aki的陪伴,走了一趟觸動人心的旅程,帶領我深入思考人生,啟發靈感。我愛屋久島,期待下一次屋久島的奇幻冒險之旅!

裏縦走夏、、屋久島の森の中をゆっくり自分の心と繋がるワーク。
ヒロミと僕は旅が大好き。そして僕はヒロミと一緒にツアーをするのがとても好きなんだ。
自分も枠を外して楽しんでいける。
だからきっと、旅人がたくさん集まってくるんだろう。
どこかにいくことだけではなく、そこにいくまでのプロセスを大切だと感じれる、そんな仲間たちが今回も集まってきた。
P7250039
一緒にツアーを主催するEarth Tribesのヒロミと、まずは、水とのチューニング。
屋久島の森に入る前に、身体から屋久島の水を取り入れて屋久島の自然と自分との距離を縮めていく。
ツアーに参加した中でもまだ初めましての人もいる中、水の力は偉大!あっという間に距離が近くなっていく。
心が少し近くなったところで、里の夜は火を焚いてトーキングサークルが始まった。
DSCF6007
ヒロミの掛け声でサークル状になったみんなが自己紹介を兼ねて、今回の旅への気持ちを伝えてくれた。
DSCF6005
初日は細い糸のような繋がりが、どんどんと太さと色を変えていく。
こんなシーンを何度も何度も見てきたからこそ、今日ここに共に席をもち、いれることに感謝している。
きっと大昔から僕らは繋がってきたんだろう。
DSCF6023
今回もこのメンバーだから見れる大いなる自然の奥深さ、そして心を共に共有できたことに感謝してます。
DSCF6029
全員で森の中の神さまにそれぞれの旅の思いを祈願してスタートする。
こういった時間。僕らはすごく大切にしている。

普段なら何も考えずに進んでいく代わりに、時を思う存分感じて、ひとつひとつを丁寧に心と身体で感じていく。
だからこそ、見える世界がきっとある。
DSCF6286

DSCF6209
この日も光に包まれた森にゆっくりと根を下ろして森と自分をチューニング
奇跡はどこにいても毎日起きている
DSCF6153
小さな雫に映し出される大きな自然
「大きなものは、小さなものの集合体」最近この言葉が好きです。
DSCF6322
森を抜けるとうっすら雲のかかった山の頂が見えてきた
DSCF6327
重い荷物を背負いながら、お互いがお互いをケアしている。
初めて出会った人もいる中、どんどんとお互いの壁は壊れていき、近くに感じる存在へと変わっていく。
そんな体験をすると、ついついこんな笑顔が飛び出してくる
何か同じものを成し遂げようとする時に起きる一体感も僕の好きな部分でもある
DSCF6565
山頂に登ると先ほどまでのうっすらと見えた雲を抜けて天上界へ
何度見てもこの景色には魅了されてします。

 僕の母親は登山家でした。
現在は病気のせいで山に登っていませんが、こんな景色をたくさん、たくさん見てきたんだろう。
DSCF6598
できることなら母親といつかこんな景色が見れることが僕の夢の一つ
そんなこと考えてた
DSCF6626
今世で見れなかったら、来世でまたあの母親のお腹に宿ってやる。
DSCF6776
今回もいろんなところで朝日や夕日を拝みながらの4泊5日の旅
DSCF6820
この旅から得た大きな愛は、きっと全員の心の中にしっかりと森を作ってくれたんだと思います。
ヒロミがよく言っている、「それぞれの心の中に広がる森を持って、そして枯らさないようにしっかり水を与えて欲しい。」都会に戻っても感じれる、心の中に育む自然を大切に。
DSCF6895
気づいたら山の上から大きな龍が僕らを祝福してくれた。
屋久島にはまだまだ僕らが体験したことがない出来事が日々ドラマチックに起きている。
そんな中で、僕らは心を解放して思いっきり自分と繋がり、そして周りの仲間と繋がる旅をこれからもしていきたい。
DSCF6924
これからもずっとずっと繋がっていく仲間へ
感謝の意を文章にしました。
DSCF6717
旅人たちよ!また一緒に冒険の日々へ!


PS
こんなに混んでる宮之浦岳の山頂は見るの2回目
前回はロケットの打ち上げにぶつかった時、
DSCF6731
今回は、たまたま自然体験プログラムの90名の子供達と九州最高峰で出会った記念に、みんなとパシャリ!! 

DSCF1140
車に乗ってきたヤクザル!!

初めてのサルのお客さま。
しばらく僕の車をぐるぐると歩き回り、最後は後ろから乗ろうとしてました。
さすがに乗客として迎え入れることはできず、、、、残念ですが、途中下車してもらいました。

車に乗ってた皆さんが近くで見れたからとても喜んでました。

また来てね! 

↑このページのトップヘ