GREEN MOUNTの公式ブログ

屋久島を自由に旅するガイド GREEN MOUNTの公式ブログです。 トレッキング、ピークハントやキャンプなどの山のツアーから、今話題のSUP(スタンドアップパドルボード)、SUP YOGAなどの川のツアー他、天候に合わせてスタッフにお任せツアーなどを運営しています。 ツアーの様子や、活動報告、日々の屋久島LIFEなどを随時UPしてますので、屋久島に興味のある方は是非チェックしてみてください。

カテゴリ:活動レポート > 企画・お得なツアー

DSCF8315
東京でピラティスを運営しているスタジオTairaの貴子さんの紹介でOさんとAさんが屋久島に遊びに来てくれました〜♪
当日まではメールにて、オススメのポイントなどなどを一緒に話し合って来ました。
「じゃー全部まとめてお願いします」ってことになり、下から上までお二人が満足してもらえるように企画させていただきました。
っということで、まずは「屋久杉自然館」に到着!屋久杉のことならココ!!といった、縄文杉の折れた枝もあるので、見所満載です。
DSCF8326
サル川ガジュマルにも行って来ました♪入り口にはトトロの傘でも人気のあるクワズイモちゃん!
屋久島のクワズイモはめっちゃ大きいです。
DSCF8333
里は亜熱帯気候なので、南方系の植物が生息しております。
県道を走っていてもアコウやガジュマルが目につきますが、少し森の中に入るとこんな大きなガジュマルもお出迎えしてくれます。
DSCF8344
ちょうどこの日は雨が多く降っていた後、千尋の滝も爆発寸前です。
ここまで出てると見ているのが気持ちがいい!
DSCF8366
こっちは大川の滝!こちらも爆発中!
明日から少しづつですが、良くなっていきそうなので、今回の旅に期待が膨らみます。
DSCF8391
大川の滝から少し西部の森を走っていくと、森の中に視線を感じました。
DSCF8400
その後はちょうど開花が始まったシャクナゲを見に栗生のシャクナゲ公園に足を運びました。
DSCF8399
ところどころですが、開花したシャクナゲを見ると、早く5月の中旬になって屋久島シャクナゲを見にいくのが楽しみです。
DSCF8416

DSCF8438
アセビも花を咲かせていて、すごく綺麗です。
DSCF8456
今日は、白谷雲水今日へ!
新緑の季節で、森の中では葉の世代交代が始まっています。
DSCF8461
この季節にはヒサカキが咲くので、ツーンとした匂いが広がります。
嫌いな方も多くいますが、僕はこの匂いフェチです(笑
DSCF8463
まだ寒さが残ってますが、一晩前の雨が森に奇跡を起こしてくれてます。
DSCF8472

DSCF8496
オーレンの花も満開!
DSCF8482
僕らの心も大開放!
DSCF8501
見るもの全てがまるで絵で描いたような緑!
DSCF8504
テンションもどんどん上がっていきます。
DSCF8524
太鼓岩からの景色も最高でした。
今年の山桜は寒かったせいでこれからです。
DSCF8569
一緒に写って見ましたが、マリオのルイージにしか見えない僕
DSCF8629
今日は縄文杉へまだまだ遊び尽くします。
DSCF8637
!!
っと、もしかして霰!!
DSCF8656
あれよあれよと降った霰がつもり、雪景色!
DSCF8707
晴れ、雨、霰、曇り、雪と様々なコンディションが一つの日に!
明日はいよいよSUPです。
DSCF8813
常緑の広葉樹の森の新緑は、世界に誇れる景色です。
DSCF8818
昨日までの疲れも吹っ飛ぶほどの景色に
DSCF8843
スタッフのトモも終始笑顔!
今日はSUP YOGAです。
DSCF8871
透き通る水の上を水上散歩!!
最高です。
DSCF8905
DSCF8910
ここから見ると本当に屋久島の森と川は素晴らしい!
DSCF8943
水の色がとても綺麗!こんな色なかなか見れません。
DSCF8956
波紋がまたアートみたい
DSCF8968
体をほぐし、
DSCF8979
ゆっくりボードの上で休息している姿が、まるで宇宙に浮いているようだった!
DSCF9018


DSCF9066
天候にも恵まれたこと
屋久島の大自然に感謝です。

また会いたいお二人でした。

屋久島を自由に旅するガイド
GREEN MOUNT
http://www.greenmount.jp





 

注意:まともに読まないように!
B68R0603
この日は仲間のガイドを営む冒険家たちと、新しい新天地開拓への夢を向けて、海岸辺りの捜索を行いました。
捜索するならと、用意をしたのですが、、、、、みんなと違うことに気づき、、普通に行くことに!
大好きな仲間たちと40才過ぎても思いっきりエンジョイしてます。
B68R0612
海岸に着くといきなりポットホール(河底や河岸の表面が硬い場合、表面に割れ目などの弱い部分があるとそこが水流による侵食のためにくぼみとなる。このくぼみの中にが入ると渦流によってその礫が回転し丸みを帯びた円形の穴に拡大する。その後川底が侵食の影響で下がり、甌穴のできた場所は水面より高くなる。その結果、甌穴が地表に見られるようになる。byウキペディア)らしきものを発見!!
これはしっかりとチェックする必要があると、探検家たちと捜索に!
残念ながら、古代の遺跡らしく(←ジョーク)ポットホールではなかったです。。

スタートから興奮止まない旅がスタートしました。

B68R0653
先々に期待すること10分、、、海岸にゴミの山が!!
僕らからしたら宝のフリーマーケットのような場所!
そこから掘り出し物をまとい、Earth tribesのヒロミと
B68R0669
こないだ地球以外の惑星に水があることがわかったとNASAが発表しておりましたが、なんと交信するレシーバーが海に落ちていたので、二人でコンタクトしてみたところ、相手からの更新が!!
っと思ったら隣のヒロミとつながってました。。。。
B68R0655
入り口で見た古代遺跡で興奮した僕らは、なんとやっと巨大なポットホールを発見!これには驚きました。長い年月で削られた部分に僕らは足を伸ばして見ると!その大きさにびっくりです。
B68R0756
なんて、屋久島での同業者の集まりですが、なんと!みんなめっちゃいい仲間たち!!
っというか心の友みたいな感じで、この仲間と出会えたことにも屋久島に来れて感謝です。
B68R0702
さていろいろ書きましたが、今回の目的地です。
海岸沿いに大きな岩のアーチがあるという噂を聞きつけ、みんなで探索に!
屋久島に住んで6年目ですが、まだまだ自分が知っているところは自然の一握り!!だと全員が認識!
これからGREEN MOUNTも大きな石のアーチのツアーを計画して行きます。

冒険はやめられない!!
ここでしか感じられない太古の息吹を感じに!屋久島にGO!

屋久島を自由に旅するガイド
GREEN MOUNT
屋久島の知られざる世界を!
http://www.greenmount.jp
 

この旅、奈良県からKちゃん、YちゃんとGくんがサイクリング屋久島に出る為に屋久島に!
 一緒にMさんと、Sちゃんも来島!
僕らはゆっくり島の滝巡りを楽しみました。
DSCF6772
今回屋久島2回目となるMさん。今年はまた秋頃に訪れる予定だそう。
すっかり屋久島を気に入ってもらえて嬉しいです。
DSCF6785
今回初めてとなるSちゃんに屋久島を気に入ってもらおうと企画したMさんと一緒に
DSCF6910
屋久杉ランドにも♪
ちょうど雪がのこっていてとても綺麗です。
この時期は木道が滑りやすかったりするからゆっくり歩くのがベストですね。
DSCF6855
外気は寒かったけど、途中日も出て快適に自然を堪能できました。
DSCF6967
屋久杉は大きさもですが、やはりその佇まいに圧倒されます。
生きていることの素晴らしさを屋久島の自然からお届けしました。

Mさんとは2回目!前回は山の中にキャンプに行って、今回は滝やランドに!
まだまだたくさんある屋久島の大自然を一緒に楽しんで生きましょうね♪




 

15327516_1147474402032554_6406605182751204_n
来年行うツアーの告知です。

Earth tribesの洋見とGREEN MOUNTの僕が一緒に主催する「屋久島"裏"縦走ツアー」
15241966_1147474795365848_377004716511443948_n

まだ告知前なのに、すでに問い合わせが多く、前回参加された全員リピーターさんも参加したいと言ってくれていることもあり、当初1回の予定が、春(5月)と夏(7月)に2回行うことになりました。
15253625_1147474975365830_7307000074887485059_n

通常のツアーではなく、参加者一人一人が自分と真剣に向き合い、参加する全員と時間と心をシェアしていくことで、より深い自分とつながるワークです。
15230790_1147474885365839_9056034954050213456_n

洋見とはなんどもツアーを一緒にやってきた心友。 心から信頼できる仲間だからこそ、この企画を通じてみんなとつながっていきたいと思います。

心にピン!ときた方、是非チェックしてみてください。  

詳細はこちら↓
http://ameblo.jp/watarigarasu163/entry-12223397001.html 
※上記写真と詳細内の写真はEarth tribeの洋見が撮ったものです。

DSCF1140
車に乗ってきたヤクザル!!

初めてのサルのお客さま。
しばらく僕の車をぐるぐると歩き回り、最後は後ろから乗ろうとしてました。
さすがに乗客として迎え入れることはできず、、、、残念ですが、途中下車してもらいました。

車に乗ってた皆さんが近くで見れたからとても喜んでました。

また来てね! 

↑このページのトップヘ