GREEN MOUNTの旅日記

屋久島を自由に旅するガイド GREEN MOUNTの公式ブログです。 トレッキング、ピークハントやキャンプなどの山のツアーから、今話題のSUP(スタンドアップパドルボード)、SUP YOGAなどの川のツアー他、天候に合わせてスタッフにお任せツアーなどを運営しています。 ツアーの様子や、活動報告、日々の屋久島LIFEなどを随時UPしてますので、屋久島に興味のある方は是非チェックしてみてください。

カテゴリ:活動レポート > トレッキング

sign

屋久島の縄文杉ツアーと、種子島でのサーフィンが目的の今回の鹿児島旅行。

ベテランサーファーでもあるアキさんを紹介してくれたサーフィン仲間に、とても感謝しています!!
 
いつかは会いに行きたいと思っていた縄文杉。ツアーが決まると、家族や友人から羨ましがられました。
ちょうど梅雨の時期で、多少の雨は覚悟していたものの、当日は大雨警報が懸念されるほどのどしゃ降り。無事開催されましたが、あんな大雨に打たれながらのトレッキングは初めてでした。
しかし、潔いほどの大雨は、普段することのない貴重な体験の一つとなりました。
「ここは普段歩けています」という場所が川に、「少しの雨ではここから水は落ちてきません」という場所が滝に!そして雨は、幻想的な屋久島の森を魅力的に見せていました。

縄文杉に辿り着くまでの途中にも、感動的なポイントがたくさん。
予備知識がほとんどない状態で行っていたため、山の地質は何万年も前に隆起した岩であることが驚きで、登山道の途中にある大きな岩肌が圧巻でした。
そして、不思議な形の木や切り株があれば、なぜそうなったかを教えてくれました。
中でも記憶に残っているのが、隣り合った二本の木が、接触する内に長年掛けて遺伝子を変えて結合し、今は一本の木と生きている、というものでした。いかに長い時間を経ているかということ、また生きるために選ぶ道が我々動物と違うことを説明して下さり、自然の歴史の偉大さを肌で感じることができました。
 
次々と移り変わる情景を見ながら、ついに縄文杉に辿り着きました。

霧の向こうに岩のようにたたずむ大きな杉の木はとても貫禄があり、まるで屋久島の神様に出会えたかのようでした。
 
そして、アキさんの自然志向のライフスタイル、その並大抵ではない知識も、食生活からナチュラルライフを目指す私にとっては目標そのものです。お話が面白くて面白くて・・・。
自然のこと、サーフィンのこと、話題が尽きず、帰り道はびっくりするくらいあっという間でした。
海から山へ、都会から自然へと基盤を変えたアキさんの生き方そのものが、大きな刺激になりました。
屋久島に先輩ができたよう!
本当に貴重な出会いでした。
 
次に屋久島を訪れたときも、また必ず会いに行きますね。

IMG_0624
こんにちは。縄文杉ツアーでお世話になってから早いもので一ヶ月近く経ちましたね。


最初登れるか不安でしたが、アキさんの様々な心遣いやお話が楽しくて11時間という長い道のりも登る事が出来ました。
アキさんの豊富な知識で植物や自然、屋久島の歴史の事など大変勉強になりました。道中、ペース配分を考えてくださり撮影スポットになると不思議と登山者の姿がなく貸切状態で静かな一時を満喫する事が出来ました。
IMG_0654
また縄文杉との出会いを最高の形でエスコートしていただきました。
「まだ下向いててくださいね」と縄文杉の前まで案内され、縄文杉を見上げた時の神々しく雄大な姿は一生忘れません。
縄文杉の前で頂いたお味噌汁、コーヒー格別でした。
屋久島の美しい自然、生命力の尊さを感じる事が出来ました。
今まで気に留めなかった雨の滴も宝石のようにキラキラ輝いていてとても美しかったです。屋久島から帰ってきて自然の見方が変わりました。
IMG_0880
貴重な体験が出来て本当に良かったです。
屋久島の思い出は二人の大切な宝物になりました。
写真も沢山撮って頂き、どれも素敵な写真ばかりで本当にありがとうございました。
アキさんのお陰で素敵な新婚旅行になったことを心から感謝しております。
アキさんに出逢えて良かったです。
またお会い出来る日を楽しみにしております。
それではお元気で。

img_0517
土砂降りの雨が2日続いた後、離島日の半日、白谷雲水峡苔むす森までガイドしてもらい母娘の2人なら気づかなかったことにたくさん出会わせていただき、感謝しています。
ホームページの写真はご自身が撮られたものだということだけあって、写真の撮り方を教わったり、断熱シートの座布団を出してもらい、おしりがほかほかしながら、苔むす森をまったり楽しんだり、用意してもらった筍の皮で包まれたお弁当をひもとき沢の水で沸かした紅茶を頂戴したり、
 
徒然草に「先達はあらまほしきことなり」という段がありますが、そこにあっても通り過ぎたり知らなかったりしたであろう静かな森の中で、ガイドさんのおかげで些細なことでも豊かなぜいたくな時間を過ごすことができました。
 
この目で見て、肌で感じ、耳で聴いた屋久島での貴重な経験をありがとうございました。
 
そのときのことをいくらか書いてみました。
 
宿まで迎えに来てもらい荷物を積み込むと帰る日なんだなと寂しい気持ちになっていましたが、車窓から「ほら、あれがとなりのトトロの傘です。クワズイモの葉っぱですよ」と教えてもらいこれから始まる、もののけ姫の舞台への序章となりました。
 
雨が降っていない中、出発できるなんて最高です。
屋久島へ来る数日前に買ったマイカメラを首にかけ、娘はシャッターチャンスをねらっています。
 
最初に出会った花は、可憐な小さな白いオウレン教えてもらった花の名前を記憶しておきたいと、「オウレン、オウレンですね」と私が連呼すると「サッカーのオウレー、オウレーですよ」と言ってもらい、おかげで頭に刻みこまれました。
すると、帰宅後すぐの新聞で野の花通信コラムにバイカオウレンの記事を見つけました。
普段なら目に留まらなかったことでしょう。これも屋久島ツアー効果でしょうか。
その記事によると細かい切れ込みのある小さな葉が5枚、手のひらを広げたようにつく「ゴカヨウオウレン」3月~4月、森の湿り気の多い所に、直径1.5センチほどの花を咲かせる。
本当の花は中心に集まる小さな黄色い部分で、白い花びらに見えるガクが開くと梅の花を思わせる
それで、バイカオウレン。この時季の雨は、木の芽落としといってヒサカキの小さな丸い花はこの雨をしのぐために下向きにつき、
リンゴツバキは、ゾウムシにやられまいと対抗して、実を厚くする。
これがその実ですねと見せてもらったのが、思った以上に分厚くてびっくり。
 
スギゴケ、ヒノキゴケ、そして、Yの字のムチゴケの名はずっとこの先覚えていると思います。
 
ヒヤッとした空気がまとわりついたかと思うとあたりは霧に包まれ、昨日までの雨でたっぷり水をたたえたコケは水滴をたたえ
幻想的な森で屋久杉の枝を見上げ、ピンク色のツルっとした木肌のヒメシャラに触れ、由来に耳を傾け、ミソサザエという名の小鳥と出会い、ヤマガラの声を聞き、アオハトですよと指されたほうを見やると、モスグリーンの確かにハトのシルエット
が浮かび、川の流れはどこまでも心地よい響きでゆっくりと時間は流れました。
 
亜寒帯から亜熱帯までの季節を持ち、九州では一番高い山、宮之浦岳を有する照葉樹林の世界遺産の島。
マグマが地下深くでゆっくり冷えてかたまった深成岩である花こう岩の島
 
屋久島
 
来てよかった、
ツアーをお願いしてよかった
至福の時をありがとうございました。

↑このページのトップヘ