GREEN MOUNTの旅日記

屋久島を自由に旅するガイド GREEN MOUNTの公式ブログです。 トレッキング、ピークハントやキャンプなどの山のツアーから、今話題のSUP(スタンドアップパドルボード)、SUP YOGAなどの川のツアー他、天候に合わせてスタッフにお任せツアーなどを運営しています。 ツアーの様子や、活動報告、日々の屋久島LIFEなどを随時UPしてますので、屋久島に興味のある方は是非チェックしてみてください。

カテゴリ:活動レポート > トレッキング

P5210006
今回はお世話になっていたガイド会社のツアーのサポートとして、縦走してきました。
今年は昨年よりシャクナゲがたくさん咲いていて、とても綺麗でした。
5月は割と山に行くと雨が多く、今回も雨の屋久島から、いろいろ学ぶことが多いツアーとなりました。

P5210015
ヤクシマヒメイワカガミが所々に咲いていて、足元に彩りを添えてました。
P5210020
今回もトトロの親戚に出会いました。
霧の中に杉の木が2本並んでいるところを見ると、今にも動きそうです。
P5210022
名前を知らない花にも遭遇!後で教えてもらうと「ワチガイソウ(輪ちがい草)」だとわかりました。
福島県以南の本州、四国、九州にも分布しており、屋久島が分布の南限だそうです。
P5210037
山頂付近に現れたヤクザル
堂々とした風貌は雨に打たれても変わりません。
自然の中で生きているものたちから見たら、いつものこと。
P5220048
下山の途中で友人と遭遇!
今日もよき学びを体験でき、ありがとうございました。

※この後みんなと自宅で盛り上がって飲みすぎた〜(笑

IMG_2702

以前ツアーに参加いただいたTモンからの紹介で、やってきたYッチとSッチン
登山は初めてとのこと。
白谷から縄文杉を1日で見るフリープランに申し込んでもらっていたんだけど、、
前日の大雨にて急遽縄文杉の日帰りコースへ!

雨も上がり、水滴が葉っぱやコケから滴る景色が、神秘的な森を作り出してくれました。

気づくとこんな笑顔です。
こんな笑顔を大切にツアーをサポートしていきたいです

top1
屋久島に自生する1,000年を超える杉のことを、ヤクスギ(屋久杉)と呼んでいる。

よくヤクスギと縄文杉と違った木なのか?と聞かれることがあるが、 縄文杉とは、ヤクスギの中の1本の木に付けられた名前のことを言う。

そんな中に、あまり知られてないが「釈迦杉」という木がヤクスギランドというコースの奥に存在している。

その風貌は瘤がたくさんあり、1,000年以上順風満帆に生きてきたのではないことが伺える。

だからこそこの木を見たときに、いつも心に響く何かがある。

巨木の森に存在しているのは、縄文杉だけではない、屋久島を知るには途方もない時間が必要だ。 

juusou
今回、GREENMOUNTさんでお世話になるのは去年のSUPツアー以来2回目。

一度は雨で敢え無く断念した、龍神杉へのリベンジでした。
 
GREENMOUNTさんを知ったきっかけは
「屋久島一、オススメのガイドさんを紹介して下さい!」
という私の無茶なお願いから引き合せていただいたのが こちらのアキさんでした。
 
屋久島に移住する前から ずっと会いたかった『龍神杉』
とてもとても特別な存在だから、必ず辿り着きたい…
だからこそ、その特別な空間をご一緒するガイドさんはステキな方にお願いしたいという強い想いがありました。
 
去年 SUPツアーでお出会いしてたちまちアキさんの魅力に引き込まれ、「是非アキさんと一緒に行きたい!」と心はすぐに決まったものの……
いざ、自分の体力とメンタルが厳しい道程に耐えられるのかという大きなプレッシャーが最後まで重くのしかかっていました。
でも そんな心配は無用だったと、登り始めてすぐ思い知ります。
幻想的で美しい苔の世界に心奪われ、そこにアキさんの心地良いテンポと軽妙なトークが加わって 疲れを感じてる時間なんて全く無く……
気付いた時には 森の奥深くに自分はいて
会いたくて 会いたくて たまらなかった龍神杉が、静かに 優しく 私たちを迎え入れてくれました。
アキさんの計らいで 私と龍神杉 “2人きり”の時間を下さり、どのくらいそこにいたのかはわからないけど とても長い時間 対話していたように感じます。
龍神杉で過ごしたあのひと時は、この先もずっと忘れる事のない記憶として 深く心に刻み込まれました。
IMG_0081
屋久島へ来て一番叶えたかった「龍神杉へ会いに行く」という夢。
連れて行って下さったのがアキさんだったからこそ、最高のカタチで叶えられたのだと思います。
龍神杉との出逢い
そして 龍神杉が引き合せてくれたGREENMOUNTのアキさんとの出逢いに心から感謝します。
 
最高の時間を

本当にありがとうございました。

↑このページのトップヘ