GREEN MOUNTの旅日記

屋久島を自由に旅するガイド GREEN MOUNTの公式ブログです。 トレッキング、ピークハントやキャンプなどの山のツアーから、今話題のSUP(スタンドアップパドルボード)、SUP YOGAなどの川のツアー他、天候に合わせてスタッフにお任せツアーなどを運営しています。 ツアーの様子や、活動報告、日々の屋久島LIFEなどを随時UPしてますので、屋久島に興味のある方は是非チェックしてみてください。

カテゴリ:活動レポート > トレッキング

令和豪雨のあと、初めての縄文杉登山。
雨季に突撃しており、天候も不安定の中、本日は最幸な1日となりました。
今回はTさんカップルと巨木の探検!
初めての屋久島は二人に何を伝えてくれたんだろう。。
そんな二人からツアーの感想をいただきました。

DSCF2204

---GREEN MOUNTへ----
念願の縄文杉!!!


人生で初めての縄文杉は、感動と圧倒的な迫力に、少し時間が止まるような感覚でした

6/2022日に、彼女の誕生日旅行で屋久島へ

行きました。

6/21日に、旅のメインイベントである、縄文杉トレッキングツアーへ!

朝は4時出発でしたが、朝の屋久島も空気が全然違う感覚でした。


いよいよ縄文杉に向けて、登山スタート。

縄文杉までの道のりは、アキさんとのお話しや、屋久島の歴史、屋久杉の紹介など、すごく楽しい時間でした。

そして、いよいよ縄文杉と初対面!

写真では何度も見た事はあったが、写真では伝わらない大きさ、迫力!!!

見惚れるとはこういうことを言うのかと思うほど、感動しました。

縄文杉からの帰り道は、雨も降り険しい道もありましたが、ヤクシカ、ヤクシマザル、カエルなど、屋久島の自然の生き物にも遭遇する事ができ、満足の1日になりました。


旅行前、彼女が体力に少し不安がありましたが、

ガイドのアキさんのおかげで、2人とも無事に

トレッキングを終える事が出来ました。


屋久島には、またいつか必ず遊びに来たいと

思ってます。

そのときには、またアキさんと楽しい時間を共有できたらと思っています。

60496835_2440464662643943_8439142898737348608_n

僕は元気してます。
 

テレビでも報道されてましたが、現場にいた人間として情報共有します。
 

お客さんがしっかりと我慢してくれました。
個々のガイドと保全協議会、タクシー、バスの乗務員の方が一つのチーム組織として動いてました。
この場所にはいない、たくさんの方々が助けることに必死に努力してくれました。
 

「つながり」が、今回の出来事が起きても誰も大怪我をせずに無事に救助できた理由だと思います。

ネット上、メディアなどでは、ガイドさんのおかげという意見から、なんでガイドなのに判断できなかったんだ!!など、たくさんの意見が上がってきます。
 

このことは誰も大怪我をすることなく終わったから言えることですが、責任の所在を攻めても何も起きません。この教訓から何を学びこれからに繋げるのかが、大切なことだと思います。

だって、人間の歴史は予想できないところで何度も何度も耐え忍び、知恵を出し、道を間違えても歩み続けてきたんだから。
予想を立ててもその通りいっているなら、世の中でこんなに災害はないんじゃないでしょうか。
 

最後に一言。
この日のガイドさんの動き、僕は一生忘れません。誰も自分を優先した動きはしてませんでした。自分は後で全てのお客さんが先。
こんなことが起きた時だからこそ、その人の本質がでてきます。
自分のお客さんだけじゃなく、全ての人を対象にした動き、本当に素晴らしかったです。
 

そして、サポートしたガイドは現地にいた28人だけじゃないです。
この島に住むたくさんのガイドさん、役場、警察、消防、自衛隊、国が、里から僕らを助けるために考えられる全ての知識を出し合って行動してくれました。
 

僕は写真の通り全身ずぶ濡れで、深夜に震えが止まらなくなってしまったのですが、里からの応援SNSを見て、心底冷えてた身体にもう一度火を起こすことができ、一夜を過ごすことができました。
 

声を大きくして言います。
皆さんの少しづつの心から念じた思いが、僕らに大きな、大きな勇気をくれました。
ガイドとしてもひとりの人間としても自分を愛してくれてありがとうございます。

心から感謝します。
有難うございました。

屋久島を自由に旅する
GREEN MOUNT
想定外の出来事から学ぶ日々
https://greenmount.jp 

B4D05972-105F-4116-92CC-A1E50989983A-8824-00000A2A73C35133
令和元年初日は、九州最高峰の「宮之浦岳」へ男3人で行ってきました。
 この日は雨。途中から雨もかなり降ってきて、風もかなり寒く、山頂にはたったの3分程度しか入られませんでしたが、元気な参加者と思いっきり楽しんできました。

年号をまたぐのはこれで2回目
昭和から平成、そして令和とこの時代も平和が長く訪れることを祈り、九州のてっぺんへと向かいました。
今回は沖縄から来たMくんと、大阪から来たTくんのサポート
なかなか個性豊かな二人、特に大阪のTくんは僕の人生でもなかなかお目にかからない新しいタイプの男の子で、道中での会話に様々なエッセンスを加えてくれて、とても学びが多い時間を過ごしました。
 
人生生きてきて、様々な人たちと出会ってきましたが、、、まだまだ人間世界奥が深いと、、、
これからの出会いが楽しみになる予兆にワクワクと、、、

沖縄からMくんは包容力があり、どっちかというと昔から友達だったような感じで、なんかほっこりしました。
GPTempDownload (1)
沖縄にはない高い山という、屋久島の雄大な景色にMくんも相当楽しんでもらえたんじゃないかと思います。
山頂の視界は0でしたが、山はそれだけじゃない。そこまでのアクセスにもたくさんの楽しさや学びがあります。

最後にTくんが「ゴールデンウィークをこの島に選んで本当に良かった」と言われた時に、なんか深い学びをした気分です。

ツアーを変更して他の山に登ることを選んだ人もいたと聞きましたが、僕はこの雨の中、男2人で年のはじめにここを歩けたことが、とても印象深く、、、心に残りました。

また会いたい二人です。
繋がりを大切にし、令和も平和な時代を過ごしていきたいと思います。
GPTempDownload
最後にみんなで苔の綺麗なところを散策。

屋久島を自由に旅する
GREEN MOUNT
その時、その瞬間を大切に
https://greenmount.jp
 

DSCF0967
新しく新居を建設中に近所のゲストハウスのオーナーから「縄文杉のツアーやってますか?」と聞かれたのが、今回の始まり。
昨年から極力ガイド業は縮小し、自宅建設に力を注いでましたが、GREEN MOUNTのサイトからのお客さんと友人知人からの紹介してもらえた方との繋がりは大切にしていたので、気持ち良く受けさせてもらいました。
DSCF0949
これから社会人となる女子3人組
とてもパワフルで活力があり、素直で子供の心を備えている女子!
心がときめく楽しい旅のサポートとなりました。
DSCF1276
予定していた日程が雨だったこともあり、日にちを1日づらせたので、今年2回目となる縄文杉までの道のりも、雨に当たらず清々しい春のような陽気でした。
1日前が雨だったこともあり、あたりはウェットな感じで、神秘な森を歩ける喜びに僕もワクワク♪
DSCF1123
笑顔がとても綺麗で、40代の僕もすっかり20代の仲間入りさせてもらえたこと、嬉しかった。
聞いてみると、全員大学はバラバラ!!子供達の育成ボランティア団体で知り合ったとのこと。
今後進む道もバラバラだけど全員道は決めているようだった。

さて、これから大人のフィールドを歩む彼女たちに、ちょっと長く生きてきた僕からのプレゼント
脇道それて自然観察路へ
時には道をそれることも人生には大切
そんな道だからこそ見れる景色が僕は好きだ
道を外れることで今まで歩んできた道がさらに良く見えたりする
DSCF1049
彼女たちの人生が、流れる水のように、「見るもの」、「つながるもの」を魅了し続ける人生になることを♪

今日も最幸な1日に感謝!!

屋久島を自由に旅する
GREEN MOUNT
自分の人生を自由にデッサン
https://greenmount.jp


GPTempDownload 21
久しぶりに1,000mの森の中を歩いてきました。
ヤクスギランドは巨木が広がる自然休養林

登山に慣れてない方でも十分に森の中を感じれる場所
GPTempDownload 35
乗り物に乗らなくても、周りが数千年の生き物たちの居住区なので、いきなり子供になれる場所。
やっぱりここが好きだなーーー。

屋久島を自由に旅する
GREEN MOUNT
http://www.greenmount.jp


↑このページのトップヘ