GREEN MOUNTの旅日記

屋久島を自由に旅するガイド GREEN MOUNTの公式ブログです。 トレッキング、ピークハントやキャンプなどの山のツアーから、今話題のSUP(スタンドアップパドルボード)、SUP YOGAなどの川のツアー他、天候に合わせてスタッフにお任せツアーなどを運営しています。 ツアーの様子や、活動報告、日々の屋久島LIFEなどを随時UPしてますので、屋久島に興味のある方は是非チェックしてみてください。

カテゴリ:活動レポート > トレッキング

DSCF6155
常緑樹に囲まれた屋久島の森の中にも秋がきます。
本州のように一面が秋景色にはなりませんが、ポツンポツンと姿を出す落葉樹と落ち葉に、毎年四季を感じる季節です。

そんな透明感がある森を旅してきました。

こんな深い森を歩くのは初めてと、偶然が必然のように僕に二人を出会わせてくれました。
DSCF6135
基本アメーバーのような人間なので、誰とでも気を合わすタイプですが、波長は別。
波長は動物的なもとして備わっているものだから、これを合わせるのは難しい、、、
波長が合うと、気を遣うこともなく共に同じものを感じられる。

今回は久しぶりに波長のあう二人と、共に歩いた時間は僕にとってとても大きな学びとなり、気持ちがとても落ち着いていたのを記憶している。

普段では出会うことも難しい出会いを、屋久島というフィールドは面白いぐらい「ご縁」を優先してくれる。
DSCF6238
人間は自然の一部として存在している。
現代社会になってこの原理がかなり離れてしまっていることに気づくと、自然の愛おしさ、そこに生きる生き物達が同じ地球上に存在するかけがえのない生き物だと気づく。
DSCF4653
自然を通じて僕らが学ぶべきことは多く、言語もその一つ。

昔の偉人は秋を表現する言葉の一つで、「刻露清秀」と綴った。
秋ならではの清々しい季節感、暑くもなく寒くもなく過ごしやすく丁度良い時期を表現した四字熟語が「刻露清秀」。”刻露”は木の葉が落ちて山の姿が厳しく現れる、”清秀”は空気が澄んでいて眺めが良いという意味。

空気が澄んで眺めが良い世界観を「秋」として世界中の人間が認識している。
その思いを、昔の偉人が「刻露清秀」と言葉をつなげたんだろう。

語源は身近なものからやってくる。決して離れた世界ではなく、自然の中から生まれた言葉がほとんど。
その言葉を魔法のように使う僕らは、未来を明るく広げる魔法使いになりたいと思う。

僕は僕なりの表現方法で、これからも自然と人をつなげて生きたい。

また会いたい出会いに感謝して、忘れないように記事として記憶に留めておくことにした。

IMG_2186
トイレパトロールで奥岳を歩いている時に出会ったこの景色

奇跡は突然訪れる

永田岳山頂から神様の窪を覗き込むと、なんとブロッケン現象が!!
そして、その外側に霧虹が出てるではありませんか!!

こんな現象は島にきて山に何度も登りましたが、初めてみました。

その時々に驚きとときめきが隠せない屋久島の雄大な大自然!!

またこんな景色に出会ってみたいです。 

DSCF7903
今年になってから初の積雪時の登頂。
里が暖かかったので、ないと思っていた雪が、多いところで1mぐらい積もっていて、久しぶりに興奮しました。

今回参加してくれたMちゃん!なんと登山ほぼ初心者とのことでしたが、この景色見たら元気になっちゃうよねー。

その日に決めた日が運命!
いい日に宮之浦岳に登れてよかったね。

というか、いい日に一緒に行かせてくれて、、、心から感謝してます。

最高の1日に乾杯!!

さてさて、今年は暖冬で雪があまり積もりません。
2-3mぐらい積もったらチャレンジしたいなーーーーー。

屋久島を自由に旅する
GREEN MOUNT
https://greenmount.jp 

令和豪雨のあと、初めての縄文杉登山。
雨季に突撃しており、天候も不安定の中、本日は最幸な1日となりました。
今回はTさんカップルと巨木の探検!
初めての屋久島は二人に何を伝えてくれたんだろう。。
そんな二人からツアーの感想をいただきました。

DSCF2204

---GREEN MOUNTへ----
念願の縄文杉!!!


人生で初めての縄文杉は、感動と圧倒的な迫力に、少し時間が止まるような感覚でした

6/2022日に、彼女の誕生日旅行で屋久島へ

行きました。

6/21日に、旅のメインイベントである、縄文杉トレッキングツアーへ!

朝は4時出発でしたが、朝の屋久島も空気が全然違う感覚でした。


いよいよ縄文杉に向けて、登山スタート。

縄文杉までの道のりは、アキさんとのお話しや、屋久島の歴史、屋久杉の紹介など、すごく楽しい時間でした。

そして、いよいよ縄文杉と初対面!

写真では何度も見た事はあったが、写真では伝わらない大きさ、迫力!!!

見惚れるとはこういうことを言うのかと思うほど、感動しました。

縄文杉からの帰り道は、雨も降り険しい道もありましたが、ヤクシカ、ヤクシマザル、カエルなど、屋久島の自然の生き物にも遭遇する事ができ、満足の1日になりました。


旅行前、彼女が体力に少し不安がありましたが、

ガイドのアキさんのおかげで、2人とも無事に

トレッキングを終える事が出来ました。


屋久島には、またいつか必ず遊びに来たいと

思ってます。

そのときには、またアキさんと楽しい時間を共有できたらと思っています。

60496835_2440464662643943_8439142898737348608_n

僕は元気してます。
 

テレビでも報道されてましたが、現場にいた人間として情報共有します。
 

お客さんがしっかりと我慢してくれました。
個々のガイドと保全協議会、タクシー、バスの乗務員の方が一つのチーム組織として動いてました。
この場所にはいない、たくさんの方々が助けることに必死に努力してくれました。
 

「つながり」が、今回の出来事が起きても誰も大怪我をせずに無事に救助できた理由だと思います。

ネット上、メディアなどでは、ガイドさんのおかげという意見から、なんでガイドなのに判断できなかったんだ!!など、たくさんの意見が上がってきます。
 

このことは誰も大怪我をすることなく終わったから言えることですが、責任の所在を攻めても何も起きません。この教訓から何を学びこれからに繋げるのかが、大切なことだと思います。

だって、人間の歴史は予想できないところで何度も何度も耐え忍び、知恵を出し、道を間違えても歩み続けてきたんだから。
予想を立ててもその通りいっているなら、世の中でこんなに災害はないんじゃないでしょうか。
 

最後に一言。
この日のガイドさんの動き、僕は一生忘れません。誰も自分を優先した動きはしてませんでした。自分は後で全てのお客さんが先。
こんなことが起きた時だからこそ、その人の本質がでてきます。
自分のお客さんだけじゃなく、全ての人を対象にした動き、本当に素晴らしかったです。
 

そして、サポートしたガイドは現地にいた28人だけじゃないです。
この島に住むたくさんのガイドさん、役場、警察、消防、自衛隊、国が、里から僕らを助けるために考えられる全ての知識を出し合って行動してくれました。
 

僕は写真の通り全身ずぶ濡れで、深夜に震えが止まらなくなってしまったのですが、里からの応援SNSを見て、心底冷えてた身体にもう一度火を起こすことができ、一夜を過ごすことができました。
 

声を大きくして言います。
皆さんの少しづつの心から念じた思いが、僕らに大きな、大きな勇気をくれました。
ガイドとしてもひとりの人間としても自分を愛してくれてありがとうございます。

心から感謝します。
有難うございました。

屋久島を自由に旅する
GREEN MOUNT
想定外の出来事から学ぶ日々
https://greenmount.jp 

↑このページのトップヘ