GREEN MOUNTの旅日記

屋久島を自由に旅するガイド GREEN MOUNTの公式ブログです。 トレッキング、ピークハントやキャンプなどの山のツアーから、今話題のSUP(スタンドアップパドルボード)、SUP YOGAなどの川のツアー他、天候に合わせてスタッフにお任せツアーなどを運営しています。 ツアーの様子や、活動報告、日々の屋久島LIFEなどを随時UPしてますので、屋久島に興味のある方は是非チェックしてみてください。

December 2016

iland01
屋久島で以前から気になっていた「アースバックプロジェクト」が開催されることになり、急いでビルダー研修に参加しております。
前からずっと気になっていたんだけど、どんなもんか見たことがなくて、今回いい機会だから今後自分の家を作るのにも参考になればと参加をすることにしました。

「アースバッグ
とは、土嚢袋に土を詰めて積み上げ構築していく工法です。イランの建築家ナダー・カリリ氏により確立され、アメリカ・カルフォルニア州「Cal-Earth」にて本格的なワークショップが開催されています。様々なテクニックを使いドーム上に積み上げて行くので、自由度も高く、卵型が台風や地震等にもすごく強度が強いらしい。

IMG_1201
一番最初に参加した時、繋がっている土嚢袋を利用して、土や砂利、セメントなどを混ぜ合わせて行く。
これは地域や、場所に適したテストを行い、この土壌で最良とされる方法で施工がスタートする。

僕が思っていたのは、もっと柔らかいのかと思っていたんだけど、びっくりするほど硬く、触るとほぼコンクリートといった感じでした。
作り方も非常にユニークで、その都度プロのアースバッカーが意見を出し合い、工程が出来上がっていく。

土嚢の厚さもあり、出来上がると夏は涼しく、冬は暖かい建物になるらしい。
IMG_1221
1日、1日と日がすぎるに当たって、どんどんとバックが積み上がっていきます。
IMG_1282
途中からドア枠が入り、なんか家のような感じがして来ました。
IMG_1481
あっという間に、背丈を越えるほどの大きさに、でも高さは6-7m前後までいくので、まだまだ1/3ほど、高所恐怖症の僕にとっては怖いけど、この期に克服するか!!

日本各地でワークショップを行なっているので、ぜひ興味のある方は体験・参加して見てください。
日本アースバック協会(ジェバ)
http://earthbag.jp


 

DSCF4914
今年屋久島で4回目となるJunnosのライブ
12月で屋久島もやっと1,000m以上に雪が積もり始め、冬の始まり。
仕事も落ち着き、ゆっくりと自分と向き合う時間

今まで忙しくてセカセカしていた自分も少しゆっくりスローに!
今日は夜から家族でJunnosのライブに♪
3年前ぐらいに「ねむねむの木」というアーティストが泊まりにきてくれて、その時に「旅の人」という歌を聞いた。
その歌がとても好きになり、暇さえあれば自分でも聞いたし、お客さんにも聞いてもらったこともあるから知っている人はたくさんいると思う。。
その時に、「この歌の原曲はJunnosなんだよね」と言われていて忘れていたんだけど、ちょうど屋久島にJunnosが来ることがわかり、今年の夏に初めて原曲を聴いた。
以前Rickie-Gのライブに行った時も衝撃を受けたが、Junnosのライブの暖かさに心が奪われた。

それからCDを全部購入し、毎日毎日聞きまくったおかげで、だいぶ歌詞を覚えてしまった。
大人だけではなく、子供達も歌詞を覚えてしまうほどのとても心に残る歌詞だ。
DSCF4870
今回は娘のカヤちゃんと2人で種子島からやってきてくれました。
カヤちゃんの歌えるレパートリーがどんどん増えていて、びっくりした。
DSCF4863
子供と一緒に歌えるアーティストって羨ましいし、生き方が格好いいと思った。
DSCF4892
気づいたら、最前線はカヤちゃんの子供たちにファンに埋め尽くされてました。

うちの子供たちは別室で遊んでましたが、かなりの子供たちがカヤちゃんと一緒に踊って歌って、楽しんでいるのを見て、こういったライブ大好きだと思いました。
大人だけじゃなく、子供達も楽しめるライブ。

自分も大人だけじゃなく、子供達も楽しめるツアーをもっと増やそうと思いました。
もしお子さんと屋久島で大冒険をしたいと思っている方がいたら、決まったコースではなく、僕にお任せください。
子供の目線でツアーを組み立ててます。
http://www.greenmount.jp/tour/planning/rely_plan.html

DSCF4878
いつも音響を担当してくれているカタヤンに感謝!!この音響を屋久島で楽しめることに感動!

DSCF4925
Junnosくん、それでは、また来年会いましょう♪
 

15317791_1351673768189710_7486483320484010359_n

屋久島ガイド協会に所属しているカズと、CAP Innovationのユッキーがモッチョム岳をロッククライミングする話を聞いて、その日を目に焼き付けようと朝から息子と双眼鏡でチェックしてました。
15391197_1351674188189668_3086689903328235380_n

標高約900mの頂には何度も立ったことがあるが、それは裏から森を歩いて行くコース
15390873_1351674028189684_4910684607227188556_n

今回は、前から岩を直登すると聞いて、心が震えた。
「見てみたい!」
その気持ちを抑えきれず、、バイクに乗って色々な角度から撮影して見ました。
カメラはX-T2、レンズは100-400とテレコンを使って200-800!フルサイズで換算すると望遠は1200になる。
まだ使い始めたばかりのカメラとレンズですが、絶好の機会と思い練習も兼ねて撮影させていただきました。
15285077_1351673851523035_2480129366707647739_n
事前に登るルートは教えてもらっていたので、だいたいどこにいるかは検討がつき、すぐに発見!
高所恐怖症の僕では到底真似できない!!が、ロッククライミングに人が魅了される理由はなんとなく伝わってくる。
できることなら一度は試して見たいと思うが、僕はおそらくおしっこ漏らしてしまいそうだ。。(笑

15439719_1351673904856363_8053905837255256324_n
(岩壁をモノトーンで!なかなかいい写真が撮れて嬉しい)

天気もよく、日向にいると半袖で入れる気候。
ポカポカしながら岩壁を登る姿に僕は魅了され、最後まで見てしまった。
15356670_1351674684856285_4951959729222418712_n
後ほど聞いて見たが、岩壁に張り付いている気分は最高らしい。
しかし、このレベル素人でどうこう太刀打ちできるサイズではない。
しっかりとした下準備と練習の賜物ですな。
15439761_1351675581522862_4685494469131907073_n
 最後の最後まで感動をありがとでした。
そして登頂おめでとう!
 
小さな岩のクライミングがあったら、また誘ってくだされ! 

15327516_1147474402032554_6406605182751204_n
来年行うツアーの告知です。

Earth tribesの洋見とGREEN MOUNTの僕が一緒に主催する「屋久島"裏"縦走ツアー」
15241966_1147474795365848_377004716511443948_n

まだ告知前なのに、すでに問い合わせが多く、前回参加された全員リピーターさんも参加したいと言ってくれていることもあり、当初1回の予定が、春(5月)と夏(7月)に2回行うことになりました。
15253625_1147474975365830_7307000074887485059_n

通常のツアーではなく、参加者一人一人が自分と真剣に向き合い、参加する全員と時間と心をシェアしていくことで、より深い自分とつながるワークです。
15230790_1147474885365839_9056034954050213456_n

洋見とはなんどもツアーを一緒にやってきた心友。 心から信頼できる仲間だからこそ、この企画を通じてみんなとつながっていきたいと思います。

心にピン!ときた方、是非チェックしてみてください。  

詳細はこちら↓
http://ameblo.jp/watarigarasu163/entry-12223397001.html 
※上記写真と詳細内の写真はEarth tribeの洋見が撮ったものです。

↑このページのトップヘ