GREEN MOUNTの旅日記

屋久島を自由に旅するガイド GREEN MOUNTの公式ブログです。 トレッキング、ピークハントやキャンプなどの山のツアーから、今話題のSUP(スタンドアップパドルボード)、SUP YOGAなどの川のツアー他、天候に合わせてスタッフにお任せツアーなどを運営しています。 ツアーの様子や、活動報告、日々の屋久島LIFEなどを随時UPしてますので、屋久島に興味のある方は是非チェックしてみてください。

こんにちは。
SUP YOGA担当のTomoです。

2月の半ばから1ヶ月間、ヨガのティーチャートレーニングコースに参加をするために
インドのケララ州へ行ってきました。

数多くあるティーチャートレーニングコースの中から
この度私が縁あって参加させていただいたのは
インドケララ州のSivananda Yoga Vidya Peethamというシヴァナンダヨガのアシュラム。

インドで古くから伝わるグルクラという、
弟子が師匠とともに生活をしながら学ぶという制度を取り入れていて、
6000年も続くというインドの伝統的なヨーガを実践的に学べる場所であり、

生徒の数は多すぎず(今回は30人ぐらい)
日本人の数は多すぎず(今回は30人中8人)
でも、日本語の通訳&翻訳も付いているという
まさに理想にピッタリの場所でした。

講師陣も、出家したスワミジが3名がそれぞれ
ヨガ哲学・ヴェーダーンダ・プージャと担当別で教えてくださり、
そのほかにもアナトミーの先生、アーサナの先生、ボランティアスタッフとして手伝っている先生もいて
深い知識をそれぞれ皆さんから教えていただくことができました。

ヨーガというと、色々なポーズをとる健康法だとか、お洒落な
エクササイズだと思われがちですが
このTTCでは、朝晩のサットサンガ(瞑想とキルタン)、アーサナ、座学、食事法、プラーナーヤーマ(呼吸法)、クリヤー(浄化法)などの全てが毎日の生活にバランスよく取り入れられています。

濃厚で深いヨーガを学ぶことができた30日の体験を
少しずつこちらのブログにUPしていきたいと思います。

DSCF6776
2017年の12月18日は新月
想い描いたものが実現しやすい日であり、ものごとを始めるには最高な日。

そんな新月に願いを込めて、来年2018年にEarth tribesのヒロミと企画している「屋久島裏縦走」の予定を告知します。

心から信頼しているヒロミと一緒に共同開催する裏縦走は、僕にとっても特別なツアー。

どんな境地にいようとも笑いに変えられるヒロミとやる旅は毎回奇跡と喜びの連続。

DSCF6209

今まで何度も縦走ツアーをやってきたけど、それを超えるようなディープな旅がしたい

そんな想いから生まれた屋久島 "裏"縦走ツアー

来年はさらに新しいルートを組み込んでいったり、沢登りやシュノーケリング、ナイトウォークやウォーキングメディテーション(マインドフルネス)、トーキングサークル(心のシェアリング)やヴィジョンんクエストなど、その時出来る最高なチョイスで心や意識を大切にした深い旅をしていきたいと思っています。
 

圧倒的にリピーターが多く昨年は告知してからたった5日間で裏縦走メンバー16人がすべて埋まってしまいました。

まずは恒例となっている初めましての川にダ〜〜〜イブ 《水とのチューニング》

余分なものがそぎ落とされて一気に屋久島と繋がります。

僕たちとしても最長となる6泊7日という長い旅を通してあんまり人が入らない深い森へと入っていきます。

それに加えて九州最高峰 宮之浦岳や第二高峰の霊峰 永田岳

感じる繋がる開く
この3つをコンセプトに屋久島の山や森や川などの大自然を通して、心の奥深くを揺り動かしていくような意識の旅をしていきます。

きっと人生を変えるような旅があなたを待っているはず。
DSCF6955

この写真や文章を通して心に動くものがありましたら頭で考えず直感と心のわくわく(ソウルナビゲーション)に従って参加して下さい。

それがきっと次に繋がる扉となるでしょう。

問い合わせが殺到しているので頭で考えていたら埋まっちゃうよ〜。

それでは心よりお待ち致しております。

DSCF6414

(裏縦走を一緒に歩いた仲間たちは終わってからも繋がりが強く歩いた年度が違えども裏縦走メンバーみんなで集まってはよく同窓会をやっています) 

【日時】:
春コース

2018年5月28日(月) ~ 6月3日(日)の6泊7日

秋コース

2018年9月22日(土) ~ 28日(金)の6泊7日

【場所】:屋久島の大自然

(集合場所は初日の13時頃までに空港か宮之浦港に集合)

【定員】:先着8名 

【料金】: 
🌟 はじめて裏縦走に参加される方 

⇒ 120,000円  (裏縦走Tシャツプレゼント)      

🌟 裏縦走リピーターの方    

⇒ 115,000円 

【☆申し込み・お問い合わせ☆】

⇒earthtribes33@yahoo.co.jp
※こちらからのお申し込み・お問い合わせもEarth tribesでまとめております。

【☆詳細はこちら☆】

https://ameblo.jp/watarigarasu163/ 

前回の裏縦走が終わってから書いたブログです。↓ 〈読んでみてね〉
GREEN MOUNTから
屋久島裏縦走-春 2017
http://greenmount.doorblog.jp/archives/16427643.html

屋久島裏縦走-夏 2017
http://greenmount.doorblog.jp/archives/18096780.html

2011年の9月にこの島に初めて移住を決め、6年もの時間がすぎて行きました。
海のことしか知らなかった僕ですが、縁あって山に登ることに

気づけばそれが仕事になってました
6年かけて、たくさんの山に登り、たくさんの自然を感じ、この島に来て心から幸せな日々を過ごしています。
たくさんの人に出会い、たくさんの事を学び、6年前とは違った人生を歩んでます。
そしてとうとうこんな日がやってくるなんて!
DSCF2214
山頂はマイナス-5℃
DSCF2220
今まで見てた僕の屋久島の景色とは全く違った景色が広がり
DSCF2239
あたり一面の草木が一瞬にして数ヶ月の休息を与えられている
DSCF2248
風の影響から岩に氷の花が咲き
DSCF2322
吹き付ける大地の息吹は容赦せず森を一瞬にして凍らせる

こんな景色を僕は心から自分の目で見て見たかった。
しかし、あたりに吹き付ける北風は雲を呼びお日様を隠してしまう。
このあとまさか、あんな景色になるとは思いもせず、山頂は真っ白な世界でした。
僕はこの山に呼ばれて来たんじゃないかって、ずっとずっと思ってた。
だからいつも初めはここから、住みだしたのもこの山が見える集落から
山頂にある祠に今年最後の挨拶をすると、奇跡が訪れ始めた。
DSCF2326
雲の切れ目から見えるローソク岩
DSCF2392
だんだんと雲がとれ、視界が広がっていく
この世界をずっとずっと、自分の目で見てみたかった
DSCF2413
こんな島に僕らは住んでいる
毎日が冒険
でも、その冒険を選ぶのは自分次第
僕はずっと、冒険をして生きていきたい
DSCF2436
来年はもっと奥まで行こう!

屋久島を自由に旅する
GREEN MOUNT
http://www.greenmount.jp

 

↑このページのトップヘ